認知症

スポンサーリンク
厳選食材

大豆レシチンの効果-脳と日野原先生

元聖路加国際病院理事長の日野原重明先生(1911/10/4-2017/07/18)は、医学博士で105歳 まで活躍された 日野原先生が100歳を超えても元気であったことは凄いことで講演や医師として仕事をされたことは凄い 少子高齢化で認知症や...
認知症

40代50代からの若年性認知症対策

  昨年の年初と今年の年初を比べれば大きな違いです。 昨年2月前後からコロナの影響が出つつある状態でしたが1月最初はまだ平常でした。 昨年末の27日に53歳という若さで急死された立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通大臣が、新型コロナ...
厳選食材

空腹を紛らわす為に何故ナッツを食べるのか

一日一食生活をしながら短眠をする場合、体調や日のコンディションによりお腹が空く場合があります 特に一日一食生活や小食の場合で初期にする場合慣れないのもありお腹が空く場合があります。南雲先生がどうしても食欲を抑えられないときにナッツ、ア...
下流・貧困

緊急!くるみの効果でアルツハイマー病対策を

先日近所のコンビニエンスストアがリニューアルオープンしました チラシにオーナー様ご夫妻の顔写真が載っていましたが、50代で管理人の知人です コンビニにをされて15年ぐらいになるでしょうか、当時30代半ばオーナー様ご夫妻とも細くスラリ...
短眠

一日一食で短眠-空腹にオーツ麦のお話

一日一食で短眠について空腹との戦いが最初大変で大事になります 短眠をする場合に一日一食なのかもしくは単に一日一食生活をしていての付録としての短眠なのか どちらにしても慣れるまで空腹との戦いです そして一日一食と言いましても内容が大事になり...
ウォーキング

理学療法と寝たきり予防の必要性

春になり桜の季節も過ぎ、この4月から新しい生活の方も少なくないと思われます。 管理人の次男も今年から同じ県内ですが、一人立ちしました。 総合病院のリハビリテーションの仕事に就きました。と言いましてももちろん見習いですが・...
認知症

トランス脂肪酸と認知症‐マーガリンの危険性について

4月になり、暖かくなってきました。新しいことの始まりに期待と不安の入り混じる時期かと思います。 早起きや短眠をする上で健康であることは大事で、それ以上に脳が重大になります。脳が疲れ、ストレスで疲弊していては早起きは難しく、短眠もできないと...
ウォーキング

認知症予防対策‐頭に良い食事とは

3月になりましたが、寒い日が続いています。体調には気をつけたいものです。 おはようございます。うたた寝仙人です。 テレビで東日本大震災五年の現状と今後をやっていましたが、いろいろと考えさせられました。 前回、記事にしましたウォーキングの...
ウォーキング

早起きとウォーキングの効果で介護対策

ウォーキングの効果で介護対策 ダイエットや運動不足解消にウォーキングが最近注目されています。 歩くことは足腰の強化や心臓を強化になりますし、足は第二の心臓と言われるくらい大事です。 管理人は現在51歳ですが、同期の...
一日一食

日野原重明先生の食事に活路あり

日野原重明先生の食事に活路あり 聖路加国際病院理事長の日野原先生の食事法をご紹介したいと思います。 日野原重明先生とは ご存知の方も多いかも知れませんが、簡単にご紹介させて頂きます。 1911年年まれの医学博士、聖路加国際病院理事長で現...
厳選食材

大豆レシチンの効果-脳と日野原先生

元聖路加国際病院理事長の日野原重明先生(1911/10/4-2017/07/18)は、医学博士で105歳 まで活躍された 日野原先生が100歳を超えても元気であったことは凄いことで講演や医師として仕事をされたことは凄い 少子高齢化で認知症や...
体温UP

アルインコ電動ウォーカーの効果で下半身強化

おはようございます 朝早く起きて歩くということは、健康や精神面でも良く、素敵な朝活用です。管理人も朝歩いていますが、何か脳が疲れたときや行き詰まり感の時に歩けば、ひらめきが出やすいような?感じがします。 天気のよ...
小食健康法

老後を襲うぼっち、貧乏、ボケ対策は朝早起きから

日刊SPA!2014.07.24に大変興味深い記事がありましたのでご紹介します ぼっち、貧乏、ボケ…老後を襲う「3B」の恐怖という題ですが、記事より抜粋 老後への不安から、貯金に励んでいる読者は多いだろう。 だが、老後の幸・不幸を...
小食健康法

大豆レシチンの効果で日野原 先生は100歳越えの現役人生

小食健康法は、ほんとうに大丈夫なのか?効果はあるのか? 大豆レシチンの効果は、あるのか? 当ブログは、小食健康法で短眠・早起き・朝時間活用が実現さわやかな朝をエンジョイ実践記ということですが、小食や一日一食でほんとうに大丈夫なのか? ...
小食健康法

認知症予防は、小食と足腰強化から脱介護の生き方2とは

寝たきりの人は、全国で約120万人とも言われ(2000年)年々増え、2025年には約230万人にとも推定されています 認知症は、65歳以上の高齢者で約462万人(2012年時点)に上り、予備軍を含めれば、約860万人と推定され、65歳以上...
認知症

認知症予防は、小食と足腰強化から脱介護の生き方1とは

うたた寝仙人です こんな記事が過去に日本経済新聞社からありました以下より抜粋 認知症、高齢者4人に1人 「予備軍」400万人含め 厚労省調査 2013/6/1 19:49 65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計...
スポンサーリンク