新聞配達バイトで朝時間を活用する生き方

早起き

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

おはようございます
うたた寝仙人です

朝早起きができるようになり、朝時間を活用して資格取得の勉強をしたり、朝に英会話を学ばれる方も多くなったように思います。

貧困家族こそ早起きで人生逆転する術でも書きましたが、朝時間を活かし、ネットで副業や資産運用などもできますと提案しました。

ただ、その場合は、時間がかかるとか資金が必要とかがありますので、今現在、生活が苦しい方も多く、その場合は、困ります。

 

そこで朝に新聞配達をされてはどうですか?

とご提案したいと思います。

スポンサーリンク

新聞配達-管理人の経験

新聞配達は、管理人も小学生のころにと20代のころにやっています。

子供のころは、管理人の家は貧乏(・。・;で新聞配達と牛乳配達を母親とやった経験があります。

夏は、日の出が早く爽快、冬は寒く、大変でしたが、配り終えた達成感は最高でした。

おそらく、その体験があったので、早起き人生になったのかと思っております。

20代のころは、会社にいく前に新聞配達をしていましたが、昼間の本業が忙しくなり、両立が難しいくなり、途中で辞めました。

当時は、朝3時に起き、確か新聞店に3時半に入る。折込をして朝6時頃ぐらいまでバイクで配達をしていました。

バイト代は5万ぐらい?だったと記憶しています。だいぶ前なのであまり詳しくは覚えていません。

 

新聞配達のメリット

  • 人間関係が苦手な人でも配ってる時は一人なので気楽。専売所の関係だけでOK。
  • 慣れれば道順を見なくてもいけるので簡単
  • 早起きに慣れる。規則正しい生活になる
  • 毎月確実にお金がもらえる

新聞配達のデメリット

  • 雨や台風など天候が悪いとき
  • 正月は分厚いの大変
  • 朝起きれない方は大変

特に冬場の寒い時の新聞配達は大変でしたが、後で飲むHOT缶コーヒは最高でした

管理人の知人が新聞配達の勧誘の仕事をしていますが、最近はネットの普及と不況で新聞をとる家庭が減ったと嘆いていました。

ただ新聞配達の求人は、世のなかが今、人手不足からどこも多いみたいで、中には入社祝い金をもらえるところもあるそうです。

新聞配達のお仕事については、もう20年以上前のころで情報も新鮮でないので、すみません。

新聞配達バイト求人情報ならジョブセンス

最新の情報での確認をお願いします。

うたた寝仙人でした

コメント