夏バテ解消には発酵食品・お味噌がいいお話

免疫力
By: Satoshi KINOKUNI

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

スポンサーリンク

夏バテ解消に発酵食品

夏バテとは

夏バテ(なつバテ)とは夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状を言います

夏バテになると全身のだるさや疲労感に襲われ、食欲不振になりやすく、夏バテの症状は以下になります

症状一覧

熱っぽさ・頭痛・めまい・胃もたれ・食欲不振・下痢・全身の疲労感・だるさ・吐き気など

このような状態になればぐっすり眠ったり、朝早くスッキリ起きることは難しいです。

夏バテの原因

ではどうして夏バテになるのでしょうか?

高温多湿の環境による発汗の異常

高温多湿の環境下で体温を一定に保とうとして、エネルギーを消費することで起こります

つまり室内と野外の気温差によって自律神経のバランスが乱れるからです。

暑さにより熟睡ができず疲労がたまり身体がだるくなり、体力が回復せず夏バテになります。

腸内環境 冷えすぎで疲れ

冷房が利き過ぎたり冷たいものを飲みすぎ・食べ過ぎで内臓の働きが悪くなり腸内環境が乱れ免疫機能が低下します

冷たい物の取り過ぎで腸内環境が悪くなり夏バテになります。夏バテなると食欲が出ません。

夏バテ解消 発酵食品

よく夏バテ解消には、栄養補給して下さいと言います

またたんぱく質やビタミンCなどをしっかり摂りましょうとかミネラル(マグネシウム、鉄、カルシウム、カリウムなど)も大事ですと言います

ただなんでもかんでも栄養補給では問題があります。中身や量などをよく考える必要があります

管理人が夏バテ解消で心掛けているのが、食べ過ぎないことと極度に冷やす過ぎないことです。

食べ過ぎないことに関しては中身も大事で、例えばトランス脂肪酸、age(終末糖化産物)添加物、オメガ6脂肪酸の過剰摂取及び過酸化脂質など身体の免疫機能を低下させるものに注意したい

デタラメナ食生活では、腸内環境が乱れ免疫機能が低下して体調を崩しやすく、夏バテの前に糖尿病、ガン、認知症などの様々な病のリスクが高くなります

そこで発酵食品をお勧めします

発酵食品をとることで腸内の善玉菌を増やし、腸内細菌を元気にして免疫機能をアップ、大病を未然に防ぎます

発酵食品には、ヨーグルト、キムチ、納豆、チーズ、お酢、醤油、味噌、みりん、日本酒様々あります。

夏バテ解消 お味噌

お味噌の効能

みそは、発酵食品の中でも古来日本より重宝されてきました

味噌の原料である大豆は別名・畑の肉と言われる程たんぱく質が豊富です

さらにビタミンB2などのビタミン類、鉄、リン、カルシウム、脂質、食物繊維などが含まれた発酵食品です

お味噌には、コレステロールを下げる働きや冷え性や貧血を予防する効果もあり、生きたいいお味噌は活性酸素を抑え、身体の免疫機能をアップします

暑い夏場は、お茶やお水など水分の摂りすぎで塩分が不足のため身体がだるいとかしんどい状態になりますが、お味噌の塩分で元気に生き返ります

お味噌-選び方

味噌の原材料は、麹、大豆、塩が基本になります

安価な市販味噌は添加物や遺伝子組み換え大豆に注意、海外産の大豆の場合は、遺伝子組み換え大豆を使っていないものかどうか確認する必要があります

発酵食品であるお味噌をは生き物で発酵が命です。これらを抑える酒精、アルコール、エタノールで作る味噌は避けたい

お味噌-食べ方

夏の疲労回復・夏バテに有効なのが1日1杯のお味噌汁になります

夏場は、水分の摂りすぎで塩分が不足したり、汗かき状態でビタミン類が多く消費され不足しがちになる

野菜具だくさんのお味噌汁は、ビタミンやミネラルがバランスがよく含まれますのでお味噌汁をお勧めしますが、夏の暑い時期はキツイので冷ましてから飲むといいかと思います

ただお時間がないとか手間をかけられないなどの場合は、手軽にお味噌を活用したいものです

きゅうりにお味噌を乗っけるとか納豆にお味噌を混ぜて食べると両方が発酵食品なので最強です

夏場の野菜にも合い、トマトケチャップなどの調味料に味噌を混ぜたりと工夫が可能でオリーブオイルとも相性がいい。

お味噌のレシピ

生キャベツに生みそをつける

腸の研究の権威・藤田紘一郎先生は食事の前に小皿一杯分の生キャベツに生みそをつけて食べられている

藤田紘一郎先生と言えばデブ菌で有名ですが、そこでも生キャベツです。

ヤセたければ、腸内「デブ菌」を減らしなさい! – 2週間で腸が変わる最強ダイエットフード10 – (ワニブックスPLUS新書)

キャベツは、ニンニクに次いで免疫力を高める野菜でビタミンCが豊富です

夏バテ解消に生きた菌・水・塩が大事

管理人は、納豆にお味噌をティースプーン1杯混ぜて食べています。デブ菌対策の生キャベツに塩と酢を混ぜたものも取り入れています

キャベツの食物繊維は腸の好物で腸内環境を守り、味噌に含む塩分も含め今年は塩入り水を飲んでいます

朝一番の活水!ードロドロ血対対策

お味噌の原材料は、麹、大豆、塩が基本になりますが、麹(こうじ)とはカビ菌の一種で大豆や塩などと合わせて発酵させ、味噌になります

この発酵がポイントで生きた菌のお味噌や天然の湧き水や塩など基本的な食材や調味料は、出来るだけ悪いものは避けいいものを使いたい

幸いこの猛暑の中元気で、暑さは感じますが特にしんどくなく、活力を感じるのもお味噌で腸内の環境が良くなり、塩で免疫がUPしたからではないでしょか

今午前1時前ですが、強い台風第12号は、28日23時には浜松市の南南西約60kmにあって、西へ毎時35kmで進んでいます(7月29日0時30分発表)

管理人の住む近畿地方に接近しつつあります。昨日22:00ごろ眠り現在午前1時前ですが、眠くもなく、疲れもない状態です

被災されている方に比べれば、恵まれた中にいますので夏バテなどになっている訳にはいきません。被害がないようお祈りするしかない

夏バテには発酵食品です。特にいいお味噌を選びましょう

うたた寝仙人でした

コメント