老後の資金は朝時間を活用して貯めると何故いいの!

下流・貧困
CT-Fotografie / Pixabay

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

北朝鮮問題やトランプ大統領など不安定要素も多いなか本年も値上げや負担増の年になりそうで、特に少子高齢化社会に向け将来下流老人になりそうな管理人です^^

年金・介護など老後の心配特にお金の心配をされている方が多いが、本来義務教育など学校では基本投資や資産運用に関する実践的な勉強は教えていません

ですから自ら何もしないならば管理人やあなたも将来下流老人や貧困家族の候補になる確率が上がると思います

そうならない為に早起きの良さや時間を増やす短眠の情報を少しでも多くの方にお伝えしたい思いでブログを書いています

その朝時間で投資や資産運用ですが今貧困や近い将来に下流老人になりそうな人はそのスタートラインの位置にいません

ですから投資や資産運用の前の段階での心得や生活・生き方を見直す必要があります

スポンサーリンク

何故朝時間活用なの-投資を始める前に

何故心得や生活・生き方を見直す必要があるのか

それは老後資金を貯めるとしても生活のリズムが乱れて浪費癖の方はなかなかお金が貯まらないから

実際投資を開始しても無駄や失敗も多くなる。

無駄な手数料を払ったり、投資の勉強時間が少ないため有利な情報がとれないとか、資産運用で貯まったお金をギャンブルや借金返済に回し再投資出来ないなど

最大の問題は心に余裕がないということです。投資は予期せぬ下落などを含むリスクがありますので自己責任の上に心と資金の余裕が必要です

心身が安定して生活のリズムがいい状態での投資・資産運用をするために心得や生活・生き方を見直す必要があるということです

朝型人間のすすめー生活リズムの見直し

時間の余裕や心の余裕は朝に生まれます。そして早起き習慣は、心身のリズムがよくなります。

朝早起きを20年以上継続してきた管理人としては早起きは前向きな心といい運に恵まれたと実感しています

時間が増えるという点これが最大のメリットです。

仮に今までより1時間早く起きて、その時間を活用する。

例え1時間でも毎日継続すれば365時間で年間約15日ほどの自由な時間が獲得できます。

朝の静かで集中した環境では頭も冴えていますので、効率がよく長期的に学び・実践できる朝時間が資産になります。

夜の疲れた思考よりも朝の頭もスッキリで静な環境で投資や資産運用をするほうが効率もよく、余裕と心のゆとりが持てます

時間にルーズな人や約束を守らない、部屋がゴミ屋敷のような方は自己管理できていないので、生活もルーズになりやすく、早起きも難しく、確実に運気が低下します

管理人の場合は、朝早く起きて生活のリズムが改善されてから浪費癖が少なくなりました。

家計簿(独自の改善ノート)をつけお金の管理ができるようになりました。

逆に早く起きて生活のリズムが改善されれば無駄づかいつまり浪費癖は少なくなると思います

そしてその段階から投資の入り口に立てると考えます

朝の掃除―きれいが幸運を呼ぶ

よく掃除をしたらよく運が良くなったとかいいます

禅やお寺さんなども朝早く起きて掃除をしますし、事業で成功されている方の中にも掃除が好きな方が多くいます

断捨離などもブーム―で、断捨離とは不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想ですが、これは大事です

管理人なども断捨離や掃除をよくするようになってから運が良くなったように感じます。特に奥さんが掃除好きで部屋のコーディネートをしたりしています

断捨離や掃除で心が軽くなり運気がアップします

朝の瞑想-引き寄せの法則

瞑想により呼吸をゆっくり吸い、それ以上にゆっくり吐き出し、意識を無にする状態の時波動が高かまります

静かで気の高い空間で瞑想するとき無の世界というかプラマイゼロ地場の状態でのイメージがあなたにいい未来を引き寄せます

節約・無駄を省く―投資資金を貯める

早起きにより心が安定し、生活習慣のリズムが良くなれば次に投資・資産運用になります

その前に出来るだけ節約をしながら投資資金を貯めることが大事

以下が参考になりました

朝活-横山光昭式貯金プログラム

ご紹介したいのが横山光昭さんの年収200万円からの貯金生活宣言です。

年収350万円、借金250万円の現状に絶望していた依頼者を、年収は350万円のまま、借金ゼロ、貯金100万円に復活させた凄腕「家計再生」コンサルタントです

90日で誰でも貯められるようになる貯金プログラムを公開されています。

簡単には、消費・浪費・投資の3に分け、浪費を減らし、投資を増やすというもので管理人もやっていますが、簡単で効果ありです。

但し感じ方や効果には個人差がありますが、何かしら得るところはありと思います。

本多静六博士の4分の1天引き貯金とは何か

本多静六博士が、東京農業大学助教授の25歳の時に収入の4分の1を強制的に天引き、貯金した

これが給料4分の一貯金です。

さらに臨時収入も貯金、貯めたお金を投資に回し、巨万の富を得る

本多静六氏の貯蓄術は、ドイツ留学中にお世話になったブレンタノ博士の助言が根底にある

本多静六博士は4分の1天引き貯金で莫大な財産を成すが、自らは簡素な生活を続け、多大な財産は公共事業のために寄付!!

詳細 本多静六博士の貯金力と睡眠力

投資で気をつけること-少額スタートとリスク認識

投信や株などで金融資産を築く場合は、まずはマイナスつまり損もあるとの認識を持つことがスタート地点になります

その上で自己責任で投資することや投資の資金は、余裕資金を使い、決して生活費を使わないことが大事です

資金は分散して投資すること、最後に欲を出さないことが大事になり、大きなレバレッジや信用取引などリスクをかけ過ぎないつまり無理をしないことが大事です。

最初は勉強とシュミレーションでのテストが必要で株式投資をするにおいては丸腰では駄目そこで勉強が大事になります

朝時間活用-平凡の中に幸せあり

老後の資金を貯めるために朝時間を提案するのは、リズムがよくなり心の余裕ができるからです

管理人が考えるのは3つのことが調和した時にそれなりの幸せや未来そして今があると考えます

身体の健康を得るー体を鍛える

心の豊かさを得る―瞑想や禅などをする

資産的豊かさを得る―資産運用などをする

この三つをバランスよく調和させることが大事で中心は心の豊かさを得るだと考えます

それを朝早く起きることで生活のリズムを良くして心に余裕を持ち、心の豊かさを手にすること

お金持ちでも病気や心が貧しいとか稼ぎが多くても借金返済に追われている方も少なくない

それはそれで幸せでない

朝起きた時に生きていたとか今財布に2千円しかなくてもニコニコできる生き方ができる。そんな人は凄いと思う

朝早く起きれること-この平凡の中に幸せあり

もしかすると病気か災難で朝目が覚めずに永遠に起きれないかもしれません。生きているだけで儲けものです

まずは不平不満ではなく、今に感謝できる心の豊かさが大事で時間の自由や心の自由がほしい

そのあとに老後の資産運用や投資があります

平凡ではあるが今当たり前の幸せを認識した上で朝早く起きて生活リズムを正し、心の余裕をもつことが老後の資金を貯める資産運用や投資の前にもつ心構えです

世間やネットの情報の渦に飲み込まれることなく、自らの澄んだ心で進んでほしい

新たな年の初めの心構え-そんな思いです

今年もよろしくお願いします!

管理人でした

コメント