朝時間活用で何故に脳鍛錬をするのか?

朝時間
95C / Pixabay

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

95C / Pixabay

何故朝時間を活用で脳の鍛錬をするのか

おはようございます。

管理人のうたた寝仙人です。今日は、何故朝時間を活用で脳の鍛錬をするのかについてです

ちなみに今午前1時過ぎです。管理人は、田舎に住んでいますのでさすがに周りは真っ暗です。

前日は夜の21時ごろ寝まして深夜0時に起きました。記録のある早起き生活

起きてから洗濯をしたり、生姜紅茶や野菜ジュースを作ったり、兵糧丸-粉状仙人版を作ったりします

本日も瞑想やヨガ鍛錬、本を読んだり、ブログを書いたり、YouTube見て情報や勉強をしたりブログを書いたり見たりする予定です。

いつもこんな感じで以前は、睡眠時間が3時間で夜の21時ごろ寝て深夜0時に起きるなど無理と確信していました

しかし実際毎日その無理だと信じていた短眠を実戦している管理人が存在していますが、脳の鍛錬と早起きや短眠には多少なりとも関係があります

何故朝時間を活用で脳の鍛錬をするのかを考えます

スポンサーリンク

何故脳の鍛錬-認知症になる確率は高い

今認知症が大きな社会問題になっています。

このことはこのblogでも幾度となく書いていますが、物忘れ程度であればいいですが夜中に徘徊したり、電車を止めたり、火をつけたりと本人よりもご家族の苦労は相当なものです

電車を止め賠償問題・裁判の例もあり、認知症患者が線路に入って電車を止めた時にも対応できる保険などもあります

介護もそうですが、認知症も一度家族の誰かがなれば本人も仕事を辞め、時にサポートするご家族の方も仕事を辞める場合もあります。

その場合の精神的・経済的ご負担は大きいです

認知症-患者数の増加

日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。

認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)の患者数約400万人を合わせると、高齢者の約4人に1人が認知症あるいはその予備群ということになります。

こんな予想が出ています。

認知症患者は2025年に700万人を突破(2012年時点の1.5倍)。65歳以上の5人に1人 2015年1月厚生労働省により

認知症-原因と対策

高齢化社会になり高齢者が増えることで自然に脳機能が年齢とともに低下するとう言うこともあるかと思いますが、それだけではない

つまり高齢者でもボケず認知症と無縁な方も少なくない

例えば日野原 重明先生がそうです。詳細 日野原先生ご愛用の豊年大豆レシチンの効果と飲み方

日野原 重明先生は、1911年年まれの医学博士 で聖路加国際病院理事長で現在105歳 です。(2016/11/17現在)

正直認知症の原因は、これだと言うことは難しい!

最も多いアルツハイマー型認知症は、脳にアミロイドベータ(たんぱく質)が蓄積し、神経細胞が壊れ、脳萎縮がおこることが原因

アルツハイマー型認知症は、遺伝や老化の影響の他に糖尿病や高血圧などの方がアルツハイマー型認知症になるリスクの高い

次に多いのが脳血管性認知症(認知症の20%)は、脳梗塞や脳出血など血管障害によって起こる認知症

脳の血管が詰まって脳の機能が低下、原因となる血管障害は生活習慣病が原因です。高血圧・高脂血症・糖尿病などにならない対策が脳血管性認知症の予防には大事になります

認知症の原因は、脳の障害や生活習慣の他脳の病気など様々だと思います。

ただ放射能や電磁波に過度なストレスなど環境の問題や欧米型の食習慣なども原因かと思います。

欧米型の食習慣でメタボとなり、脂肪分の多い食事が多いため、質の悪い酸化した油やトランス脂肪酸にAGE(終末糖化産物)の採り過ぎる食生活が問題です。

認知症の早期発見が一番大事ですが、そうなる前に生活習慣の改善は基本です

それと並行して脳の鍛錬が必要になります。脳トレで認知症にならないことが大事ですね

文章を書いたり、人とよく話をしたり、囲碁・将棋などゲームをする。有酸素運動や歩く、笑うなどもいい

認知症患者は2025年に700万人を突破(2012年時点の1.5倍)。65歳以上の5人に1人 2015年1月厚生労働省により

今鍛錬が必要です

何故か!認知症になる確率は高いー認知症になれば大変

だから脳の鍛錬が必要です

何故今脳の鍛錬-貧困生活ー下流老人の流れ

認知症になる確率は高いー認知症になれば大変と書きました

認知症になれば大変とは、仕事ができない。つまり覚えていないとか忘れが酷くなれば仕事は続けられない

辛く、悲しい😢

認知症だけではなく、今日本は放射能や電磁波に過度なストレスの他欧米型の食習慣でメタボが増え、ガン・糖尿病などのリスクが高い

脂肪分の多い食事に、農薬や添加物に質の悪い酸化した油やトランス脂肪酸にAGE(終末糖化産物)の採り過ぎる食生活が問題

心筋梗塞や脳梗塞など循環器系の疾患にガンや糖尿病など様々な病になる可能性が高い

2025年に団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になることで急速な高齢者社会になり、人口減と認知症の方が増えて介護問題が大変になる時代がくる。

急速な後期高齢社会による医療費や社会福祉費の増大や多額の借金財政難でその時の年金などについても少なくなっていることが想定されます

つまり年金や健康問題に介護や認知症のことなどを考えれば大変だということです

今貧困問題や下流老人に下流中年の問題があります。下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書)

健康でこそ働け食べていけますが、身体が病になったり、脳が駄目になったら働けません

管理人は、今53歳ですが、年金定期便で65歳に支給される金額を年金ネットで出しました

いくらだと思いますか!?

13万と少し

それも今53歳から65歳まで負担しながらで、今後税負担や減額に支給開始の繰り上げなどもあり??夫婦で20万ぐらいしょうか

だから何故今脳の鍛錬-認知症になる確率は高いで言いました

認知症にならないよう鍛錬が必要なのです。

認知症だけでなく病にならないことが大事です。医療費負担や病気や認知症では仕事ができない。稼げないということです

下流中年から下流老人になる貧困への流れです。

年金が少なくなり保険なども今後負担が増えて生活保護費も厳しい時代になるかと考えます

そこで自分で稼ぐとか資産を運用するなど頭つまり脳を活用して貧困生活ー下流老人の流れにならないように脳の鍛錬が必要です

朝時間活用で脳の鍛錬

脳の鍛錬-これを出来れば朝時間に行うこと

もちろん私は夜型という方や勤務の関係で朝は無理な方も少なくないかと思います

しかし出来れば朝時間がいい

1日が終り夜遅くなればストレスや脳の疲労がピークになり疲れます。

少し早く寝てスッキリ起きれば朝には修復します

早起きすることで免疫力を高めれる朝時間に脳の鍛錬をする

認知症にならないよう鍛錬が必要で、それもハードなトレーニングなどは不要です

瞑想をするー朝の静寂

朝の静寂の中

瞑想をすることで脳を刺激するとか呼吸やイメージすること

気をコントロールすることにより、次元を超えることが出来る可能性があるということ

瞑想することで短眠がしやすく、さらに朝早く起きて活動すれば、効率が3倍以上になりる可能性があります

過去の遅起きで8時間睡眠の時と比べれば時間は、増えて自由になります。

ただ神秘的な瞑想は敷居が高いという方はマインドフルネス瞑想からのスタートはどうですか

マインドフルネス瞑想とは、仏教・禅の修行をベースに、マサチューセッツ大学メディカル・センターのストレス・クリニックの創設者である、ジョン・カバットジン博士が開発されたものです

マインドフルネス瞑想は、宗教色を排除したところが特徴のひとつです。またマインドフルネス瞑想は、心理学的療法として効果があることが認められています

キラーストレスに負けないマインドフルネス瞑想の効果とは

本を読むー朝の静寂

本を読むことは、勉強であり、気づきになります

朝の静寂の中前日の脳の疲れをとり、爽やかな環境での読書は最高の贅沢です

特に自己投資という意味でその道の専門家の生きざまや考えかたが1冊の本で多少なりとも体験できます

歩く・ヨガや体操ー朝の静寂

朝時間活用で規則正しい早起きをすることで免疫力を上げ健康になり、ウォーキングで体温が上がり、血のめぐりもよくなり、足腰の強化効果になります。

ウォーキングは、認知症や介護対策としましてお勧めで、爽やかな朝にあるくことは気分爽快で精神的にもいい

早起きとウォーキングの効果で介護対策

geralt / Pixabay

あまり激しい運動は危険ですが、軽いウオーキングや体操は、身体にいい

太極拳やヨガなど呼吸法をとりいれ無理をしないものは脳の鍛錬としてもお勧めです

朝からヨガと言えば片岡鶴太郎さんが有名ですが、一般の方はそこまでハードにやらなくてもいいかと思います。

一日一食の片岡鶴太郎氏の朝活用は、ヨガ瞑想なり

ブログを書くー朝の静寂

朝の時間を使って、ブログを書くことをお勧めします

何故か

まずブログを書くことで頭の整理と鍛錬つまり活性化につながります

自身の経験や興味あること好きなこと例えば料理が得意ならば、手軽で美味しくヘルシーなレシピの紹介や映画が好きならば感想を書くなどです

無理なく継続するには、興味あるこや好きなことでなくては続きません。

それともう一つは、その記事が誰かのためになりお役に立てるものであるということが大事です

生活が豊かになるとか心が元気になった。

悩みや困りごとが解決したなどブログを読んだ方が喜ぶ・幸せになったということが大事になります

それとやり方によって自身の経験を活かしたり、興味あること好きなことでブログを読んだ方が喜ぶブログをコツコツ長期に運営すれば、ブログを書き収入を得る=資産化が実現します

朝ブログで収入-資産化で飯が食えるのか?

今午前1時過ぎです-朝時間で脳の鍛錬by管理人

ちなみに今午前1時過ぎです。管理人は、田舎に住んでいますのでさすがに周りは真っ暗です。

前日は夜の21時ごろ寝まして深夜0時に起きました。起きてから洗濯をしたり、生姜紅茶や野菜ジュースを作ったり、兵糧丸-粉状仙人版を作ったりします

本日も瞑想やヨガ鍛錬、本を読んだり、ブログを書いたり、YouTubeやブログで勉強をしたりする予定です

いつもこんな感じで以前は、睡眠時間が3時間で夜の21時ごろ寝まして深夜0時に起きるなど無理と思っていました

しかし実際毎日その無理だと信じていた短眠を実戦している管理人が存在します

Freepht / Pixabay

早起きと短眠を初めて15年程になるでしょうか

記録のある早起き生活も2008/10/03~からですからもうすぐ9年になります

早起き生活は、生活パターンを改善したいと考える人たちを応援するWebサイトです

2008/10/08の記録が以下

10月10日(金) 起床時刻:02時30分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます 今日に感謝 今日は、最高にいい日になりそうな予感!

就寝時間22:30 起床時間02:30  睡眠時間4時間

管理人の場合1日1食で短眠をやってきましたが、健康や体調に問題はありません。

少し無理をすれば眠い時もありますが、それは1日3食で8時間睡眠の時にもあり特段かわりありません。

朝時間で脳の鍛錬をすることで圧倒的時間が大幅に増えました。短眠で時間が出来、脳のレベルアップで集中力ができ効率が上がった

ただ管理人も初めは朝4時や5時起きでした。ですから無理に1日1食や4時間睡眠などをせずに少し早く起きるからスタートされればと思います

また食べるものやサプリや布団などを工夫することで1時間ほど早く起きるなどできるところからする

そして慣れれば朝時間を活用で脳の鍛錬をするのもいいかと考えます

朝時間を活用して何をするのかは、個人個人の興味ややりたいことをすればいいかと考えます。

例えば太極拳やヨガなどであれば、脳にいい刺激になり身体にもいいです。

読書やブログを書くなども頭の回転によく、知識が蓄積されますので、それがいい資産つまり財産になります

人や世の役に立ち、それが脳の鍛錬になれば最高ですね。

一石二鳥どころか一石三鳥でしょうか

いい朝で輝きましょう!

うたた寝仙人でした

コメント