分散睡眠&うたた寝であなたの早起きは大丈夫?

安眠

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

朝晩寒くなりましたが、風邪には気をつけたいものです

よく早起きをする場合必ず朝4時に起床するぞ!とか絶対4時間睡眠を守るぞ!と気合をいれている方がおられます

その気持ちは大事ですが、あまりこだわりすぎるのもどうかと思いますね。

と言いますのも前日どれだけ疲れているかとか極端に目を酷使したとかで睡眠時間も違います

あまり気合を入れ過ぎて寝過ごしたということになれば、落胆する場合があるので、ほどほどにがいいのではないかと思います。

スポンサーリンク

分散睡眠

4時間睡眠を目指す方でも時に6時間睡眠があつたりするわけで、目標はあくまで4時間睡眠ということで、特に起きた・寝たの質を高めるのが大事です。

特に睡眠の質が大事になります

例えば管理人の場合、4時間睡眠の場合理想が21:00に寝てAM01:00に起きるが最高ですが、疲れが激しいとかストレスがひどい時は途中で目を覚ます場合がまれにあります。

就寝時間21:30で一度23:00ごろに起き、睡眠時間1時間30分ですが、そのご30分後の23:30にもう一度就寝して02:00ごろ起きるというものです。

つまり2回目は、睡眠時間2時間30分です。合計睡眠時間4時間です。

この分散した睡眠を管理人は単純に分散睡眠とよんんでいますが、管理人の場合は、1度目に起きてしばらく朝活をしたのち2回目の睡眠の場合もあれば、そのままで平気な時もあります。

もちろん一度起きてすぐ眠る場合もあります。

ノンレム睡眠と90分サイクル

理想は圧縮した睡眠で3時間後に起きるのが理想です

体調や精神状況で分散睡眠の時もありますが、経験上分散睡眠でも大丈夫です。

つまり眠りはレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返し、日中のストレスや疲れを解消するものでどちらかと言えば、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しが上手くいかない場合は、朝起き難いです。

通常睡眠パターンは、レム睡眠とノンレム睡眠がセットです。

まず涂波睡眠に入って、レム睡眠が始まり、しばらくすると深いノンレム睡眠になり、90分サイクルの中で交互に繰り返し、終盤次第にレム睡眠になり目覚め始めます。

この周期は、約90分サイクルで何回か繰り返します。

この約90分サイクルつまりおおよそ1時間30分単位で睡眠をとれば、ぐっすり眠れてすっきり起きやすいといいます。

この約90分サイクルでノンレム睡眠が大きなポイントになります

眠っているときに、目のたまが動き回るのがレム睡眠で、動かないのがノンレム睡眠で、深い睡眠状態で疲れを減らしたり、免疫力を上げたりします。

このノンレム睡眠を超圧縮した睡眠にできれば最高です

睡眠リズムは90分サイクルで起き易いため(個人差もあり)90分サイクルつまり睡眠時間01:30前後ということになります。これを1サイクルで連続2サイクルで3時間睡眠です

分散睡眠&うたた寝

この分散睡眠は、管理人の場合日中に5分程度のうたた寝やたとえ3分でも目を閉じ瞑想をするなど睡眠ではなく、瞑想やうたた寝程度の回数を増やすことで睡眠時間が少なくなります

分散睡眠といえば不安がる方もいますが、経験上分散した合計睡眠時間と分散睡眠の質が良ければ問題がありません

管理人で言えば、分散睡眠やうたた寝で合計睡眠時間3時間か4時間睡眠でも問題がありません。4時間睡眠を目指す方でも時に6時間睡眠があつたりするわけで、目標はあくまで4時間睡眠ということで、特に起きた・寝たの質を高めるにが大事です。

うたた寝がとても重要でわずか3分でもすっきりします。

3時間か4時間睡眠ということより質です。その質を高めるのが、うたた寝であったり、分散睡眠かなと思いますね。
ですから睡眠時間3でも5時間でも全く快調です。貴重な朝で読書やビジネスに投資、鍛錬や瞑想などをしたりします

みなさんもうたた寝でいい朝人生を!

うたた寝仙人でした

コメント