2025年問題対策ー朝時間活用で資産アップ!

下流・貧困
By: taylorandayumi

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

 

おはようさん!うたた寝仙人です。

今2017年ですのであと8年ほでで問題が起こる。それが2025年問題らしいのです。

たしかに先なことで実際はどうかわかりませんし、先の心配をしてもはじまりませんしね

2025年問題とは、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になることで急速な高齢者社会になり、人口減と認知症の方が増えて介護難民・老後貧乏な人が多くなるのではと言われています

年金問題もあり、朝時間活用で資産アップをするお話になります

 

スポンサーリンク

2025年問題とは

2025年問題は、1947~49年の第1次ベビーブームに生まれた団塊の世代が後期高齢者となり、約2200万人の方が75歳以上になりることで起こる問題と言われています

厚生労働省の人口動態統計では、団塊の世代が生まれた3年間(1947~49年)の出生数は約806万人で、その後の3年間の約648万人に比べて24.3%も多い

団塊の世代で増えた多くの後期高齢者の場合、75歳以上になると若い頃より病気リスクが増し、医療や介護が必要になる割合が高まります。当然、医療費や介護保険料のアップが予想されます

国の財政状況から考えると医療費や介護保険料は、働き世代や若い世代への負担が増えるものと考えられます

また費用以外にも介護難民など増加する高齢者に対して医療や介護の従事者が追いつかないなど人手不足の問題も出てきます。

介護が必要にも関わらず、自宅でも病院でも、介護施設でも介護を受けることができない介護難民・老老介護などの問題も生じます

AIによる改革もありますが、問題は根深いと考え、急速な団塊の世代の後期高齢化問題は大きいと思います。

何故ならば今現在でも介護疲れによる無理心中や殺人問題や介護貧乏、介護難民などの難問が山積みです

 

2025年にはどうなるのか-2025年問題

今2017年なので約8年ほで起こる問題。それが2025年問題です。

 

認知症-患者数の増加

日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。

認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)の患者数約400万人を合わせると、高齢者の約4人に1人が認知症あるいはその予備群ということになります。

こんな予想が出ています。

認知症患者は2025年に700万人を突破(2012年時点の1.5倍)。65歳以上の5人に1人 2015年1月厚生労働省により

厚生労働省データ

介護の人手不足

かつては、現役世代10人で1人の高齢者を支えていたものが、今では3人弱で1人を支えあう騎馬戦型から、将来は1対1の肩車型に近づくのです。

そうなると介護の人手不足もあり家族の負担は増え、介護の為に仕事を辞めなければならず、金銭的な負担で追い詰められる場合もあります。

介護するご家族は、肉体的にも精神的にも追い詰められきついです

 

老老介護-お年寄りがお年寄りを介護する状況

2025年には、世帯主が65歳以上である高齢者世帯が約1,840万世帯に増加し、その内の7割を一人暮らしのお年寄りや、高齢の夫婦のみの世帯が占めると見込まれています。

老老介護では、介護される側だけでなく、介護する配偶者や子供も高齢という状況で、介護する人も要支援・要介護というケースが少なくありません。

高齢者は体力が、若者に比べて落ちているので大変負担が大きいです。

2025年には、急速に増える後期高齢社会の問題である介護の人手不足、老老介護、認知症などが増えると予測されます

 

2025年問題対策とは

増加する高齢者に対して医療や介護の従事者が追いつかないなど人手不足の問題で病院や介護施設で介護を受けることができない問題も生じる可能性があります

まず病気にならないとか認知症にならない対策が必要になります

また家族で介護をするしかない場合でも、体力をアップして健康でなくてはなりません。

特に足腰の強化は必須です。

ただ今回の記事では、それらは最低限基本としまてここでは深く記事にしません。一応過去記事を掲載しますのでご興味ある方はそちらでお願いいします

今回の記事では、朝時間活用で資産アップがメインになります。

なぜならば後期高齢社会による医療費や社会福祉費の増大・財政難での年金の減額・支給延長可などの問題が大きい

まず健康を!病気にならない食事法

関連-日野原重明先生の食事に活路あり

認知症にならない生き方

関連-認知症予防は、小食と足腰強化から脱介護の生き方1とは

 

年金対策

2025年問題では、急速な後期高齢社会による医療費や社会福祉費の増大や多額の借金財政難でその時の年金などについても少なくなっていることが想定されます

支給開始年齢の延長などの問題や減額が予想されます

また、介護保険なども控除部分が少なくなり、逆に自分自身で負担しなければいけない部分が大きくなると考えられ、消費税やその他税負担も上がりそな感じです

親の介護つまり老老介護や子どもの世代は非正規雇用で貧困状態では共倒れです。

生活保護も財政的に厳しくなると思いますし、年金もしかりです
このように考えると2025年問題は本当に深刻な問題でありますので早めに対策が必要かと考えます。

 

朝時間活用で資産アップはできる?!2025年問題対策

2025年に団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になることで急速な高齢者社会になり、人口減と認知症の方が増えて介護問題が大変になる時代がくる。

もう今現在でも大変ではありますが・・・

2025年問題では、急速な後期高齢社会による医療費や社会福祉費の増大や多額の借金財政難でその時の年金などについても少なくなっていることが想定されます

ここが問題で支給開始年齢の延長などや減額が予想される、消費税をはじめ様々な税負担の増加です。

2025年問題を考えると年金対策は急務です。

まだ年金もらわない年代だからとかではなく、若い方も将来を見据えてほしい

たしかに先なことで実際はどうかわかりませんし、先の心配をしてもはじまりませんが時間があれば対策はできます。

 

 

2025年問題対策で朝時間活用で資産アップはできる?!

 

2025年問題対策としての年金やお金の問題で苦労しそうなのでその対策になりますが、大きくは節約と収入を増やすの二つになるかと思います

今回は朝時間活用で資産アップはできる?!ということになります

何故朝時間なのか。

それは今やっておれれるお仕事で収入をアップさせるには、スキルアップや勉強が必要です。

本を読んだり、教材で学んだりです。

また今の仕事以外にバイトをするとか趣味でつくる雑貨を販売するなど仕事の本数を増やす=収入をアップさせるには、時間が必要です

しかし皆さん忙しいんです。

隙間時間は確保できても足らない。隙間時間や効率を高めることは素晴らしいです。

ただ時間的に限られます。誰しもお金があればできるとか、時間さえあればできると思います

時間があれば仕事のスキルアップや勉強もできるし、資産アップもできる。

でも一度早起き体験をすれば、最高の環境で毎朝たとえ少しの時間でもコツコツと継続することで、一年経ち二年が過ぎて10年が経過すれば、あなたの勉強が凄い資産になるはずです

 

以下朝時間でできそうこと、資産アップ出来そうなものを書いてみました

 

早朝バイト-早起きで健康&お金をget!

朝の時間を活用して、空いた時間にお仕事バイトをすれば、すがすがしい空気の中で気分も健康にもいいですね!

新聞配達、牛乳配達、コンビニエンスストアや24時間スーパー、お弁当工場、ビルなどの清掃、パン製造、市場での作業などなどです。

朝に強い方には最適かとおもいますが、自己管理が大切になります

 

新聞配達の早朝バイト

新聞配達は、管理人も小学生のころにと20代のころにやっています。

子供のころは、管理人の家は貧乏(・。・;で新聞配達と牛乳配達を母親とやった経験があります。

朝の短時間にサクッと配達。管理人は、朝2時間の配達で約月5万円ほどでした。

 

 

モーニングコールの早朝バイトー競争率が高く空き待ち状態

朝にお客様のご指定した時刻にモーニングコールをするお仕事で、自宅で出来て、朝に強い方に最適で責任感ややる気のある方大歓迎のお仕事

AM5時から9時ごろまでに平均は1日10〜30件ほどコールする。

携帯電話は貸し出しか自宅から184非通知でかける場合とがあります。
通話料不要で安心です。1件当たり約100円です。平日5日で約月3万から

モーニングコールサービス – エリアフレンズ (株式会社エリアフレンズ)

モーニングコールオペレーター(アルバイト)の募集は、休止の場合あり

自宅で稼ぐ早朝バイト

外でバイトをしたいと考えても身体が不自由だったり、精神的に不安定で自宅でしかできない

介護で家を空けられない。

そんな方に自宅で早朝バイト・ネット系の副業や在宅ワークをすることも選択肢のひとつではないかと考えます。

自宅で内職的なことや在宅ワークになるとおもいますが、中には悪徳な業者もあり注意が必要です。

具体的には、ネット系の副業の他にカンタンなシール貼り、WEBアンケートモニター、在宅オンライン講師、覆面調査、在宅ワークデータ入力など

 

投資から得た収入

朝時間活用で資産アップするためには、資金が貯まれば投資・資産運用を開始するのもひとつの選択肢になります。

住宅ローンの完済や子育てが終わって余裕のある方は、株式投資を勉強したり、不動産投資などを考えることも必要かと思います

配当金も探せば3%ほどのものも多く銀行の0.01%に比べれば雲泥の差

自己資本比率の高い銘柄や有利子負債がゼロか低いものー倒産リスクが減らせるものを選べば資産アップする確率は上がります

またイオン株などは、100株で3%戻るオーナーズカードがもらえますので最初は配当や優待をもらいながら低額で分散投資をお勧めします

ただ投資は、勉強して自己責任ですることや投資の資金は、余裕資金を使い、決して生活費を使わないこと、資金は分散して投資すること、最後の欲を出さないことが大事になります

大きなレバレッジや信用取引などリスクをかけ過ぎないつまり無理をしないことが大事です。

早起きは三文の徳-投資の効果はいくら?

 

あなたが怪我や病気で働けない場合や特に老後に年金が少なくて働く場合にも怪我や病気もしくは職がないなどの場合に、株の配当や不動産の家賃収入などが入ってくれば、働けなくなっても金銭的に助かります。

但し投資リスクはあります。自己責任で

2025年問題は必ずやってきますので今から心の準備や対策が必要です。

特に介護・年金ともお金が必要なので、朝時間を活用しての資産アップ!も一つの選択肢としてお勧めします

あなたが介護難民や老後貧乏にならないよう願います

うたた寝仙人でした

コメント