貧困の未来-寒いなか昇朝日は最高!

下流・貧困
By: allegro Takahi

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

日本型貧困の未来というタイトルでSPA新春合併特大号が出ていましたので、久しぶりにSPAを買った管理人です。新年早々こんなタイトルで縁起でもないとも思いますが、現実であり、雑誌も売れるようにとのこともあるかと思います。

そんな暗い気持ちを消したのが、元旦に久しぶりに妻と見に行った初日の出でした。寒いなか昇朝日は最高!赤いー暖かいだいだい色的な光でしばらくすると普通の黄色く光る朝日になりました

それを見た瞬間日本型貧困の未来というタイトルが吹っ飛びました##

 

スポンサーリンク

貧困の未来ー何故

貧困の未来は絶望しかないのか?!とSPAに書いてありました。ではなぜそうなのか

貧困の原因は、様々かと思いますし、個人個人違うと思いますが、大きく言えば高齢化と人口が減る。だから消費が増えない、あくまで大まかな流れですが・・・

アベノミックスで一億総活躍とか地方再生とか言われていますが、どの地方都市も大手資本のチエーン店の店が多い。外食・スーパー・コンビニなど全国の地方都市でよく見る店を見ます

問題は、そこで働く方が、バイトなどの非正規雇用の方がほとんどで特に若者の非正規雇用の割合は4割とも言います。若者の非正規雇用の割合が増えて、今生活保護受給の若年化が進んでいます

ハードワーキングプア

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書)の著者である藤田氏は、今はワーキングプアではなく、低賃金・長時間労働のハードなハードワーキングプアの世の中であるとSPAの中で語られています

電通の社員の方が長時間動労でお亡くなりになられた事件は、国会でも取り上げられたのは記憶に新しです。今ブラック企業の問題が話題になっていますが、これは、ハードワーキングプアにも関連しています

ブラック企業の問題

学生さんの奨学金返済の問題もそうですが、親の経済状態が悪いため仕送りが減り、自分でバイトをしなくてはならない学生さんが増えてますが、そこにも低賃金・長時間労働の問題があります

奨学金返済もありバイトの負担が高まり学業に支障がでる方も少なくない。最悪学業を中途であきらめ、希望の就職が困難になる場合は将来的に契約・非正規社員になる場合も少なくないそうです。

そしてよく言われる一部のコンビニや介護・飲食関連などの長時間労働に加え、賃金未払いやカットなど犠牲の上に収益をあげるというおかしな話になります。

本来物を作り、物を販売して収益を上げるのが筋ですが、残念ながら、バイトさんなどの残業代カットや未払いが収益になり、さらに365日24H働く低賃金のオーナーさんなどの犠牲で、収益を上げる一部上場企業もあるそうです

動画以下(動画がなくなっている場合はすみません)

社会保障給付費削減・負担増

年金・医療・福祉の社会保障給付費が削減され、負担が増加する。日本の少子高齢化や未婚率の増加で家族のセーフティが低下している現状で、もし家族が認知症や寝たっきりなどで介護が必要な時にどうするのか!

もし頼るべき施設や人にお願いするお金がなければ、自らが仕事を辞めて介護や世話をするしかない。介護離職、貧困の未来か!?

親の遺産や年金で食いつなぐ中年のフリーターや非正規社員の方も多く、お金がない場合は介護の必要な親を姥捨て山に捨てざるをえないと雑誌SPAに書いてあります。悲しいですなぁ・・・

特に身内が認知症になれば大変で夜中に街を徘徊したり、そこらへんで排泄したりと・・・

管理人の住む地域でも親が死んだあと葬儀もせず、放置状態で親が生きていると芝居をして年金を不正受給した事件がぼつぼつ出ています。

葬儀代もなく、年金を不正しなくては生きていけない現状

葬儀代がない場合は、市役所や区役所に相談したり、家族葬や市民葬などお安くできる場合もあります。また故人が国民健康保険の場合に葬祭費が支給される場合もあるのであきらめないでほしい。

年金・医療・福祉の社会保障給付費が削減され、負担が増加される中で今後認知症や介護の問題は、高齢化の中ますます大変になってきます。介護される方も大変ですが、それ以上に介護する方も介護離職などもあり切実な問題です

動画以下(動画がなくなっている場合はすみません)

脱貧困の未来ーあなたはどうする対策

SPA新春合併特大号を読みましたが、気が付けば貧困、所得格差は過去最高とありましたが、そこには貧困を諦め・改善から受け入れとあります。

管制プアなる言葉もあり役所などでも非正規雇用の方が最近増えてるそうですが、政治全体で言えば痛みを伴う税制改革は、後回しでしわ寄せが生まれている

国や市町村など行政の力に頼ることもいいですが、財政的にも仕組み的にも限度がありますので、自ら脱貧困を考えなければならない時代かと思います

脱貧困への一歩

まず心の余裕が一番です。そして時間の余裕が大事です。何故貧困になるのかは、知らないからです。例えば先ほど言った葬儀代などもある条件をクリアーすれば葬祭費が支給される場合もある

これらは基本黙っていれば誰も教えてくれません。そこに時間の余裕や心の余裕があれば、学べたり、教えてもらったりできます。つまり余裕なこころで先手を打つことです

朝型人間のすすめー生活リズムの見直し

時間の余裕や心の余裕は朝に生まれます。そして早起き習慣は、リズムがよくなります。朝早起きを20年以上継続してきた管理人は早起きは前向きな心といい運に恵まれるということを言いたいです

時間が増えるという点これが最大のメリットです。仮に今までより1時間早く起きて、その時間を活用する。例え1時間でも毎日継続すれば365時間で年間約15日ほどの自由な時間が獲得できます。

例えば、資格の勉強や読書などや仕事に関することや資産運用など経済的なことも学び・実践できます。静かで集中で頭も冴えていますので、効率がよく長期的に朝時間が資産になります。

心・身体・頭を健康に!-ボケない・寝たきりにならない生き方

早く起きて体操をしたり、ヨガや太極拳などをすれば健康にいいと思います。特にウォーキングは、それほどハードではなくて簡単で効果があります。老化は足からと言いますので、早起きして歩くこと、ウォーキングの効果で将来寝たきりにならない、介護不要な生き方を目指したいものです。

朝早く起きて、座禅や瞑想をする。静かで済んだ空気の中で呼吸をする。息をゆっくり吸い、それ以上にゆっくり吐き出し、意識を無にする状態により時間が止まったように感じます。こころの平安を得る貴重な時間です

ストレスの多い現代社会では、うつ病や精神障害さらに不眠症の方も多く、禅や瞑想などで心・身体・頭を健康にすることで-ボケない・寝たきりにならない生き方になる。そう思います

食べ過ぎに注意して食材を吟味して体によい食生活をこころがけることも脳・頭や身体にいいことです。ただ安いからと粗悪なものや身体に悪い食材を満腹状態で食べれば病になると思いますね

管理人は、今52歳ですが、入院はもちろん薬ものんでいませんし、365日元気で寝込む日はありません。健康診断はもちろんですが、毎冬、風邪やインフルエンザにもなっていません

管理人の知人などでは40代でも脳梗塞や糖尿病の方も少なくなく、肥満や腰痛、ガンや心疾患など様々な病の方も多いです。管理人も子供のころから高校生ぐらいは病弱な部類でした

やはり早起きや心・身体・頭を健康にする-ボケない・寝たきりにならない生き方を実践してきた結果ではないかと考えます

少し豊かな暮らし-節約と貯める力&稼ぐ

貧困や老後貧乏になる原因は、病気や介護、計画性がない・精神的に不安定、収入がない・少ないなどです。ただあくまで原因のひとつで複数の要因が重なることもあります

特に意識やこころの持ちようにも貧困になる原因があるのではと考えます。そこで早起きすることで意識を変え,習慣を変えることをご提案したいと思います。

早起きは三文の徳と昔から言います。そこで早起きのメリットになりますが、朝時間を活用できるこれが最大のメリットです。収入を増やすことや資格や勉強をすればいいのが理解できても時間がないなどの理由であきらめていた方でも時間があればチャンスありです

先に心・身体・頭を健康にする-ボケない・寝たきりにならない生き方をすることを提案しましたが、これこそが病にならないー無駄な医療費負担がない。さらに元気になるので働けるので稼げるといことになります。健康であってこそ!

管理人の場合、早起き&短眠で節約と投資を実戦。睡眠時間が8時間から4時間になれば、4時間の自由時間が活かせる。僅か4時間でも毎日4時間コツコツと努力すれば、1年経ち2年経ち、5年、10年になればもの凄いことになります

SPA新春合併特大号では、気が付けば貧困、所得格差は過去最高とありましたが、そこには貧困を諦め・改善から受け入れとありますが、そうではなく、朝早く起きることで前向きになり、まず老後貧乏にならないという決意が大事になります

ゆとり・前向き・感謝の早起きマインドをもち続けたいものです。早起きは三文の徳で脱貧困を目指して頂きたい。そう思います。

うたた寝仙人でした

コメント