ぐっすり眠り早起きを習慣にする方法とは

光・あかり
By: machu.

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

早起きを習慣にするには、どうすればいいのか

なかなか早起きできないとか起きても二度寝してしまい後悔したという方も多いと思います。今回は、医学博士の梶村尚史先生の本を活用して早起きを習慣にする方法を考えたいと思います

スポンサーリンク

梶村尚史先生とはどんなひと

梶村尚史先生は、宮崎県出身で山口大学医学部卒業後、山口大学附属病院神経精神医学教室入局を経て国立精神・神経センター武蔵病院に勤務の後、2003年に東京でクリニックを開院されました。

梶村尚史先生は、睡眠医学を専門で睡眠障害やうつ病、パニック障害の治療に携わり、睡眠医療認定医として、睡眠の質を向上させる指導・アドバイスをされており、睡眠関連の著作も多く、2000年には日本睡眠学会研究奨励賞を受賞されました

管理人は、梶村尚史先生の本、「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫)起床術──どうしても「スッキリ起きられない」あなたへを読みましたが解りやすく参考になるとこも多く、いい本でした

ただ、この本を活かし、ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術をマスターするには、実践が必要です。体験しないことには駄目で、そこには百人百様の眠り方や起き方があると思います

梶村尚史先生の詳しいプロフィール

ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術

梶村尚史先生の本の中から管理人がいいと思うものを厳選して一部を書きだしてみたいと思います。詳細やもっと多くを知りたい場合は、「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術の本を買って、ご自分で体験して下さい

以下の本から厳選しました(第2章ぐっすり眠れる人のこんないい習慣より)

「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫)

・照明‐部屋を少し暗くする

梶村尚史先生は、眠る2時間前には、照明を200ルクス以下に暗くすることと言われます。睡眠ホルモンのメラトニンは、部屋が暗いと分泌量が増えて眠りやすくなる

午前2時を境に明け方に向けてメラトニンが減少し、体温や血圧が上昇して、すっきり起きるといいます。管理人は、真っ暗で寝ますが、暗闇が怖い場合は、最低豆電球ぐらいの薄暗さにしてほしいものです

部屋を少し暗くして、メラトニン分泌を増やし、ぐっすり眠り、明け方に向けてメラトニンが減少、朝の明かりで起きる。少し早く起きたい場合は、照明を選ぶことは重要になりますね。冬場や早朝の外の暗い時など。

HF3500/60 Wake-Up Light ウェイクアップライト/アラーム Philips社【並行輸入】

HF3500/60 Wake-Up Light ウェイクアップライト/アラーム Philips社【並行輸入】

・防音‐時計の音・冷蔵庫の音はあなどれない

理想的な音量は、40フォン以下で、閑静な住宅街で40フォン弱が眠りやすい音になります。ちなみに人が小声で会話した場合が、40フォン強になり、最低これぐらいの音量以下で眠りたいものです

二重ガラスや防音対策などの工夫に寝室の位置なども大事で道や線路に出来るだけ離れた位置での眠りが大切です。

管理人は、ほとんどの音を感じる前に眠りに入ります。(最大3分)しかし、不眠症や神経質な方など音に敏感な方にとり防音対策は重要です

耳栓をしても音が気になる場合は、クラッシックや自然の音などのゆったりとした音楽を小音量でながすことで外の音を打ち消すやり方もありと本に書いてあります。

MOLDEX 使い捨て耳栓 コード無し お試し8種エコパック ケース付 (Camoplugs Sparkplugs Goin'green Meteors Softies Mellows Pura-fit 各1ペア)

MOLDEX 使い捨て耳栓 コード無し お試し8種エコパック ケース付 (Camoplugs Sparkplugs Goin’green Meteors Softies Mellows Pura-fit 各1ペア)

・ぬるま湯のお風呂にゆったり入る

梶村尚史先生は、ぬるま湯のお風呂に入ることで血行がよくなり身体の中心の深部体温が下がり、眠りやすくなると言われています。

管理人の場合は、 少しぬるま湯39度~41度にゆっくり浸かる。冬は40度ぐらいのお湯に15から20分ぐらい入ります。はじめはぬるま湯ですが、時間とともに芯から温まります^^ぬるま湯は副交感神経の働きを活発にすることでリラックスして寝やすくなります

お風呂に入り、ゆったりすることで体の疲れをとり、さらに脳の疲れを取り、スッキリした状態で脳の活性化になり、眠る前に表面の体温を上げて眠るときに少し体温がさがることで眠りやすくなります。入浴剤のタール色素が心配?重曹を入浴剤に使ってみた件

国産重曹 5kg×3袋(炭酸水素ナトリウム)【食品添加物】15kg お料理・掃除・洗濯・消臭

国産重曹 5kg×3袋(炭酸水素ナトリウム)【食品添加物】15kg お料理・掃除・洗濯・消臭

早起きを継続することの難しさ―だからこそ朝パワーは凄い

睡眠医学のご専門である梶村尚史先生のご本を活用させて頂き、ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術をマスターできる機会になればと思い書きました。

ぐっすり眠るテクニックは、上記以外にもありますし、さらに朝すっきり起きるコツも書いてありますので詳細は本を読んで下さい。当ブログでは、小食健康法で短眠・早起き・朝時間活用が実現さわやかな朝をエンジョイ実践記ということで、早起きで朝を活用するには、ぐっすり眠ることが必須です

梶村尚史先生の本の中から管理人がいいと思うものを厳選して一部を書きだしましたが、それがぐっすり眠ることのきっかけになり、最終的に早起き・朝時間活用に繋がり、皆さまにいい未来をお届け出来れば最高かと思います。

今回この記事を書こうと思ったのは、管理人自身が早起きして人生が良い方向にいきつつある経験から早起きのすばらしさをお伝えしたいとの思いで書きました。

朝早く起きて少しの時間でも朝時間を活用し、継続出来れば人生が良くなる。と解っていても早起きができない、継続できないというお声を頂戴する。

By: yoppy

By: yoppy

早起き生活というサイトで起床時間を管理人は記録しています。2008年の10月から2016年の5月現在まで8年ほど早起き生活サイトを活用しています。

そこで感じたのが早起きを継続することの難しさです。途中で挫折される方も少なくなく、なかなか続かないということで、いろいろ理由はあると思いますが、難しいというのが感想です

―だからこそ継続出来れば、朝パワーは凄いとお伝えしたい。前日の疲れやマイナスの感情を零にして静寂の中、最高の集中と気のパワーで早起きが継続できれば、それが例え30分でも毎日5年10年いや20年経てば凄いことになる

梶村尚史先生の本「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術の本を読んだだけで早起きができるかどうかはお約束できまん。やはり本を読みながらご自分で体験・実践が必要かと思います。

ただ、ワンコインぐらいの価格の本なのでそれでヒントや気づきが得られれば、儲けものぐらいの気持ちで挑戦されれば幸いかと思います。

うたた寝仙人でした

コメント

  1. TKA より:

    一通見させていただきました
    素晴らしいブログに感謝し勉強させてもらってます

  2. utatane より:

    TKA様

    コメントありがとうございます

    >素晴らしいブログ
    まだまだ未熟者ですが、少しでもいい情報や体験がお役に立てれば幸いです

    うたた寝仙人でした