乾燥生姜入りの天然ペプチドスープで防寒対策!

体温UP
tpsdave / Pixabay

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

寒くなってきますと体が冷え、免疫力が低下してきますので、冬場は生姜紅茶を飲んだりしますが、どうしても小腹がすくことがあります。その場合食べ過ぎを防ぐために生姜スープを飲むと多少の空腹感を紛らわすことができます。

体温を上げるために今回Amazonさんで天然ペプチ栄養スープを買いました。

スポンサーリンク

生姜の効能

生姜は、体温を上げ、血流をよくし、白血球の力を強め、免疫力をUPします。生姜の成分であるショウガオールは、体を温める成分であり、またジンゲロールという生姜の成分は、免疫力を高める働きになります。

生姜を乾燥・加熱すると、ジンゲロールの一部がショウガオールという成分に変化します。

生姜に含まれる成分ショウガオールは、体を芯から温め、体の気めぐりを促進するのでを多く摂取することが望ましく、ショウガオールは生の生姜に比べて、圧倒的に乾燥した生姜に多く含まれています。

1・体を温める

漢方では生姜(しょうきょう)と呼び、生薬として冷え性の改善に作用する。風邪にしょうが湯を飲むのは温めのため

2・利尿作用が強い

生姜の辛味成分には、血行をよくして胃腸の働きを活発にして排尿を促進するので新陳代謝がUPする

3・殺菌・解毒作用が強い

解毒や消臭作用があり、食欲を高める

高知県産乾燥粉末しょうが(ウルトラ生姜)パウダー100g 1cc計量スプーン付き高知県産乾燥粉末しょうが(ウルトラ生姜)パウダー100g 1cc計量スプーン付き

天然ペプチ栄養スープ-商品

■商品名:だし&栄養スープ
■内容量:500g
■無添加(保存料・化学調味料・香料・着色料・甘味料不使用)
■原材料:澱粉分解物(キャッサバ芋・タイ) カタクチイワシ(福岡・長崎県近海) カツオ(鹿児島県近海) 昆布(北海道) 原木栽培椎茸(山口県) 無臭ニンニク(山口県)

「だし&栄養スープ」は主原料となる魚(イワシ・カツオ)を丸ごと特殊な透析膜のようなものでろ過することで、タンパク質が「ペプチド」化されているので、吸収がきわめて容易なため、飲む点滴と言われています。

ペプチド

ペプチドとは蛋白質が分解されてアミノ酸として吸収される一歩手前の分子結合のことです。アミノ酸が数個から10個ほど繋がっています。分子が小さいために栄養吸収にきわめて優れた食品です。
食材の蛋白質が吸収されやすく分解された状態であるペプチド化されただし&栄養スープは、水と同じように20~30分ほどで吸収され、飲む点滴とも言われます。

天然ペプチ栄養スープを管理人が買った理由

あごだしを以前から使用していましたが、あごだしは美味しく便利なのですが、調味料(アミノ酸)などを使用していたり、砂糖、粉末醤油、塩分などを使用しており、塩もどんな塩を使用しているのか、粉末醤油もその中身はどうかなど気になるところもあります。

無添加(保存料・化学調味料・香料・着色料・甘味料不使用)

特に、調味料(アミノ酸)、化学調味料を使用していないことが大事で、化学調味料のリスクが怖い。中華料理店症候群が問題です。

1968年に中華料理を食べた少数アメリカ人が食後に炎症を覚え、眠気、顔面の紅潮、掻痒感、頭痛、体の痺れそして軽度の背中の無感覚などの症状が見られたことから、中華料理は特にMSG を大量に使うので中華料理を食べつづけるとなりやすいということで、中華料理店症候群(CRS)と命名された由来があります

少量でも蓄積すれば、顔面圧迫感、灼熱感、倦怠感、手足のしびれなどが起きやすく、脳神経へ異常を来たす恐れがあり、幼児の脳形成期に悪影響があるとの報告があります

魚(いわし・かつお)の栄養素ー認知症・介護対策

主原料となる魚(いわし・かつお)を丸ごと特殊な透析膜のようなものでろ過することで、タンパク質が「ペプチド」化されているので、吸収しやすい

EPA(エイコサペンタエン酸)
中性脂肪の低下・骨の形成 ・コレステロールの低下 ・がん細胞の増殖抑制・血液低下、高血圧の改善
DHA(ドコサヘキサエン酸)
アレルギーの改善・老人性痴呆症の抑制脳細胞の減少抑制 ・血液、血管の修復・骨の形成 カルシウム  貧血予防 鉄

かつお

かつおには、血液をサラサラにしてくれるEPA(エイコサペンタエン 酸と脳の働きを活発化するDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含くみ、コレステロールを減らし、肝機能を高めるタウリンも多く含まれています。

かつおは、ビタミンB12が魚の中でトップクラスで、ビタミンB群やビタミンDなども豊富で、カリウム、亜鉛、カルシウムなどのミネラル成分も含まれているので、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の改善・予防に貧血、不妊症、認知症を予防する食材として注目されています

いわし

いわしには、骨粗鬆症を防ぐカルシウムと吸収を助けるビタミンDを含み、さらにEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が多く、血液中のコレステロールを軽減して、脳の働きを良くするので物忘れや老化防止効果に期待されています。

ただいわしに含まれるEPAやDHAなどの脂肪酸は、酸化しやすいため、酸化を防ぐビタミンC・β-カロチンなども同時に取り合わせたい。

いわしは、亜鉛・カリウム・タウリンなども豊富、貧血を予防する鉄分も含み、生活習慣病の予防には是非食べたい魚ですね。

乾燥生姜&天然ペプチ栄養スープー飲み方

カップ一杯のお湯に大匙山盛り一杯(約10g)を溶かしお好みで天然塩や薬味を加えてお召し上がりくださいと商品の裏に記載があります。管理人の場合は、それに乾燥生姜の粉末にしたものを少々いれます。お湯は180mlぐらいに普通のスプーン1杯ほどのだし&栄養スープを入れよくかき混ぜて飲んでいます。

匂いは自然な魚・鰹節を少し濃くしたような匂いに見た目は、白い粉それも細かく粉砕?で味は鰹節を粉にしたやさしい味できつくない味です。但し味・匂いとも個人差や体調に舌や鼻の調子で大きく変わると思います。

体温を上げ脳の活性化に乾燥生姜&天然ペプチド栄養スープ

乾燥生姜&天然ペプチ栄養スープをいれることで体の芯から温まり、血液をサラサラにしてくれるEPA(エイコサペンタエン酸)と脳の働きを活発化するDHA(ドコサヘキサエン酸)を含む魚(いわし・かつお)を丸ごと特殊な透析膜のようなものでろ過し、プチド化された栄養スープをとれば、脳の活性化になり、認知症・介護対策になるのではと思い買いました

ただ金額云々より無添加(保存料・化学調味料・香料・着色料・甘味料不使用)で魚(いわし・かつお)の栄養素であるEPA・エイコサペンタエン酸ーDHAドコサヘキサエン酸に昆布、椎茸、ニンニクといった天然素材を粉末にした天然ペプチド栄養スープで認知症予防や介護対策の可能性があるのならばお得かなと思います。

冬場の早起きでは、あまり無理をせずに暖房機器やカイロに防寒着などを上手に活用する事が大事ですが、その元は体を温める食材かと思いますので、乾燥生姜で温まり寒さに負けず、体温をUPさせて寒い朝を楽しみたいものです。

管理人でした

コメント