冬の早起きは、体温を上げるが一番なお話

体温UP

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

冬場の早起きは日の出時間が遅く、外も暗い。その上寒いので朝起きるのが大変です。特に正月休みなどはリズムが壊れやすいので大変であると前回の記事に書きました。

朝の寒い中布団から出るのは大変でへたをすれば、二度寝になったりします。管理人の場合は、早朝の2時や3時でもスッキリ1回で起きます。ではなぜ?

何故冬の早起きが難しいのかと言えば暗い・寒いもありますが、体温が低いことが原因のひとつだと個人的には感じています。管理人は、早起きや短眠をする場合には、健康で疲れのない状態かつ脳とこころがベストではなくては短眠や朝早起きは無理だと考えました。

そのためには体温を上げて健康でなくてはならないということ!

スポンサーリンク

風邪と体温

昨年の年末珍しく少し鼻水がでました。(汚い話ですみませんbb(;^ω^))熱も咳も寒気もなく、食欲もあり元気で、喉もどうもなく、風邪の初期かなという感じでした。

管理人は、ここ10年近く風邪とは無縁で、昔でしたらすぐ風邪をひく、引けば1週間ほど長引きでしたが、今回は翌朝に鼻水は出なくなり、いつもの通りベストな体調でした。

たかが風邪ぐらいと軽くみてはなりません。風邪は万病のもとと言われるほどで、原因は様々かとおもいますが、免疫力が低ければ風邪になる確率が高いように思います。早起きや短眠をする場合に風邪になり、体調を壊し、リズムを乱すことは出来るだけ避けたいと考えます。

風邪のひきかけで心がけているのが体温を上げることです。お風呂にゆったりと浸かる。お湯をぬるま湯から時間をかけ少しずつ上げ、半身浴やお湯につかる・出るを繰りかえして、体温を上げたり、リラックスや生姜紅茶などを飲んだりして体温をUP!

ほとんど管理人の場合は、これで体調がよくなりますが、風邪を引いてしまったり、風邪かどうか不明な場合などは、専門医の指導や治療に従ってください。あくまで初歩の風邪かなという状態に限ります。

体温が低い-体温を上げる方法・工夫

現代人の体温は、昔の日本人より1度低いと言われているそうです。管理人の場合は、昼間は36度5分前後で朝起きては36度前後です。以前は、35度台でした。

エー・アンド・デイ 非接触体温計UT-701(でこピッと)ブルー

現代人の多くは35度台と聞きます。体温が1℃下がると免疫力の中心的な白血球が30%低下し、カゼなどにかかりやすくなったり、がん細胞が発生しやすくなり、逆に体温が1℃上がると免疫力は、5~6倍上がります

体温が低い原因

体温が下がるとか冷えの原因は、ストレス、運動不足、食べすぎ、冷房、シャワーのみでお風呂で湯船にゆっくり入浴しないなどです。冷たい飲み物や食べ物を食べたり、食品添加物や保存料など身体に悪いものなども一因かと考えます。

体温を上げる方法・工夫

体を温める食材を活用する

生姜紅茶やにんじんリンゴジュースを飲むことをお勧めします。生姜紅茶は、出来れば乾燥生姜がお勧めです。

生姜の効能・・・体温を上げ、血流をよくし、白血球の力を強め、免疫力をUPします
紅茶の効能・・・紅茶のカフエインには利尿作用があり、紅茶自体は体を温めてくれます

体を温める生活習慣に変える

お風呂で冷えた体と疲れた脳や心を温める。特に寒さが厳しい冬は、体温が特に低いので体温を上げる工夫が必要です。そこでお風呂が大事になります。冷えてきますと免疫力が落ち、一日の疲労がどっとでますので、一日の疲労をお風呂でとりましょう

下半身強化

下半身強化が大事になります。歩く・スクワット・ヨガなど体特に下半身をうごかすことで体温UP、歩くことで下半身を鍛え、血流を増やすことが大事です。歩くことで体温をUP!さらに下半身強化により転倒防止になり寝たっきりになるリスクが少なくなります

石原 結實先生の本で体温を上げることの重要性を経験・実戦しました。

朝早起きと体温

冬場の朝は特に寒いので体温が低下して、疲れやすい、免疫力が低下ということで、早起きしにくいため、上記の3つのことに管理人は気をつけて朝早起きを考えています。

ですから体温を下げない、上げる生活習慣を取り入れながら、寝具や目覚まし時計などを活用することが、冬の寒い朝に早起きするコツではないかと考えます。

いつも規則正しい時間に起きて光を浴びることで、体内リズムを 整えて、睡眠に必要なメラトニンをコントロールする事で目覚め元気にスッキリ起きることが大事です。リズムが崩れるとうつや精神的に不安定で体温も下がり免疫も低下しましす。

体温を上げることで健康になり、朝起きやすくなるかと思いますが、冬場はどうしても日の出が遅く暗いので、視覚的に起きずらいのでスタンドライト タイマー付 デザインライトなど光で起きる工夫も必要かも知れませんね。ただし、個人個人違いますので必要・不必要かは、個人の判断になりますが・・・

冬の早起きは、体温を上げるが一番なお話と言うことで、あまり無理をせずにマイペースで早起きを目指されることが大事かと思います。早起きで素晴らしい朝の時間を活用して頂ければ幸いかと思います。

うたた寝仙人でした

コメント