ラーメンで早死の記事と我が健康診断結果に思うこと

一日一食

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ramen87
先日阿藤快さんが、残念ながらお亡くなりになられました。

管理人も阿藤快さんのファンでしたので、とても残念で、なぜ?と言う気分です。旅ぷらなどで拝見する阿藤快さんは、飾り気なく豪快で面白い方でした

先日ネットで、ラーメンのスープを飲み過ぎないようにとの記事がありました。その記事には、阿藤快さんが平均寿命を下回る69歳で亡くなられた要因のひとつがラーメンのスープではないかと書いています。(記事消滅の場合はゴメンナサイ🙇)

阿藤快さんだけではなく、先日62歳で亡くなられたラーメンの佐野実さん、2014年に胆管癌のため51歳という若さでお亡くなりになられたラーメン評論家の北島秀一さん(管理人は現在51歳で他人ごとではない)などラーメンのスープの飲み過ぎが原因ではないかと言う内容です

スポンサーリンク

ラーメンのスープ

まず、ラーメンが良い悪いと言うことではなく、管理人もたまにラーメンを食べます。特に寒い冬場には、無性にラーメンを食べたくなることがあります。

ラーメンの麺よりスープの飲み過ぎに気をつけています。とくにラーメンの底に溜まるスープは、飲まないようにしています。お店の方には申し訳ないのですが、スープを残しています。何故?

塩分が多いのと脂質・油分が多いためです。これらを摂りすぎれば、血液の流れがわるくなり動脈硬化やがんなど様々な病いのリスクが高い。

さらにそれ以上怖いのが化学調味料です。特に脳への影響が心配です。これに関しては、化学調味料が脳に危険?かもで無添加ガラスープを試食を見て下さい。

今回の記事でも専門家がラーメンのスープを飲み過ぎないようにと言われています

国立健康・栄養研究所の栄養疫学研究部の担当者も、同様に「スープは飲み干さず、なるべく少なめにする方がいい」という。食塩、脂質の多さが動脈硬化につながる恐れがあるからだ。J-CASTニュースより

危険な化学調味料が野放し?精神異常や失明の恐れ、ラーメン一杯でも危険量 Business Journal 郡司和夫/食品ジャーナリストより(記事消滅の場合はゴメンナサイ🙇)

ガンと人参ジュースの平野先生

星野 仁彦(ほしの よしひこ、1947年 – )先生は、福島県会津若松市生まれの日本の医学者で福島学院大学教授 ですが、本によりますと42歳で末期癌になり五年後生存率が0%という危機的・絶望のなかからドイツのゲルソン療法により生還されたとのことで、それが毎日にんじんジュースを飲むという健康法です

平野先生の本によると末期ガンの平野先生が生還したのは、人参ジュースを中心とした和食です。本の中で、塩分の摂りすぎと油の摂り過ぎには、注意する事と書いてあります。詳しくは、過去の記事を読んで下さい。がんの芽をつむにんじんジュース健康法と早起き

管理人は、ラーメンのスープをあまり飲まない。早起きや短眠を楽にするために、健康や食材を考える上で、石原先生の1日1食を導入しました。その中で、人参ジュースを飲むことが大事だと教わりました。その過程で平野先生の存在を知りました。

化学調味料であるグルタミン酸ソーダを使用していない「無化調ラーメン」。手軽さを捨て「本物」を追究する情熱派69軒を紹介する。データ:2008年2~5月現在。

お手軽な値段の化学調味料不使用のラーメンです。味は素朴な味でいつもハードなラーメンを食べている方には少しもの足りないかも知れませんが、管理人的にはまずまずです、化学調味料・保存料・着色料を不使用の小笠原製粉 キリンラーメンみやげ箱6食セット(しょうゆ・みそ・しお各2食)

小笠原製粉 キリンラーメンみやげ箱6食セット(しょうゆ・みそ・しお各2食)

ラーメン食べ過ぎると早死になる?-健康診断も良好

今、管理人は51歳です。日に1食か1.5食で3時間から4時間の短眠を長期にやっています。今年の健康診断も良好で、過去5年の健康診断も問題なしです。毎年風邪もひかず、病院とは無縁です。50歳を超えればどこか悪い場合が多いそうですが・・・

ラーメン評論家の北島秀一さんが51歳の若さで胆管にてお亡くなりになられたと書きましたが、北島秀一さんは日本全国のラーメンを食べ歩きその数1万店といいます。

日本ラーメン協会副理事長のラーメン王こと武内伸さんが、肝硬変のため2008年にお亡くなりになられた。48歳という若さでした。とても残念です

42歳で末期癌になり五年後生存率が0%の平野先生が生還された教えのひとつが塩分の摂りすぎと油の摂り過ぎです。ラーメンが悪いのではなく、スープの飲み過ぎが悪いと思います。普通にバランスよく、食べ過ぎず、たまにラーメンを食べる分には全然問題はないと思います。

ラーメン評論家の北島秀一さんや日本ラーメン協会副理事長の武内伸さんが若くして病に倒れた原因がラーメンだとは特定しませんが、1日1食の短眠の管理人の方が世間的には、病弱で命短し、それが世間の常識!

しかし、管理人は元気で今年の健康診断では、仮にAからEとすれば最高Aが90%以上という世間の常識では信じられない状況です。違いの一つが、ラーメンのスープを飲み過ぎないことです

ラーメン食べ過ぎると早死になる?というより、スープに含まれる塩分と脂質や化学調味料を多くと取りすぎるのが原因で、普段バランスのいい食事で腹7分をこころがけ、スープは飲み干さず、なるべく少なめにすれば、早死にのリスクは大幅に減ると思います

何故この記事を書いたのかは、あなたがもし早死にすれば、あなたの家族や子供、さらに友が悲しむ。そしてあなた自身に後悔が残り、辛く悲しい。生きているだけで儲けものです。

早起きで免疫力を上げ、いい人生を!

うたた寝仙人でした

コメント