熱帯夜にぐっすり快眠する方法とは

快眠
By: Kana

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

熱帯夜にぐっすり快眠する方法とは

今年は台風も多く、熱い夏が続いていますが、体調の方はいかかでしょうか?

うたた寝仙人です

脱水状態や熱中症対策で水分を補給することや冷房機器で身体を冷やすことが大事です。この暑い夏なかなか寝れないという声を聴く今日この頃です。

寝付けないとか寝苦しい暑さと寝不足の方も多いと思いますので、暑さ対策で~ぐっすり眠り疲れなしの暑い夏に快眠する方法の方法を書きたいと思います

スポンサーリンク

体の冷やし過ぎに注意

暑い夏は、身体を冷やす食べ物や飲み物をとることは大事で例えば西瓜などは夏の風物詩で昔の先人の知恵はすごいと思います。

しかし最近は、スーパー、オフィスビル、レストランなどで冷房・エアコンが利きすぎています。

体の冷やし過ぎに注意したいものです。エアコンなど冷房機器は、体を冷やしすぎると痛くなります。

運動不足、食生活の乱れにエアコンの普及による冷えで低体温になると免疫力が低下します。もちろん夏の暑い時は熱中症対策で水分補給や多少の塩分をとることさらにエアコンを使用しての温度調節は必要です。

しかし過度に冷たい飲み物や食べ物を取りすぎたうえにエアコンに長時間依存しすぎた上に、運動不足や日々の生活で汗をかかないなどバランスの悪い生活での冷えすぎは、体のしんどさや疲れになり、夏バテが増えています。

冷え過ぎで体調やホルモンバランスがくずれ、冷えで肩こり・首の凝りに冷えたまま寝ますと寝にくいと思います。体の冷やし過ぎにご注意!

ぐっすり眠るためには

人間の神経には交感神経と副交感神経があり、眠りの時に副交感神経を優位にできれば眠りやすいということで如何に副交感神経を優位(活発)にできるかということで、ゆったりリラックスすることがポイントになります。

眠りの前に少し体温を上げて眠る時に体温が下がれば眠りにつきやすい。この時副交感神経を優位状態で、このことは、梶村氏の起床術の深く眠るに記載があります。起床術──どうしても「スッキリ起きられない」あなたへ

この本は、スッキリ起きるをテーマてにしていかに質の高い眠りが出来るかを説いています。一読をおすすめします。

ここでポイントは、眠りに入る前に少し体温を上げて、眠りに入るその直前に体温を下げること

しかし、夏の暑い日中にエアコンで冷やしすぎ体温が下がった状態であれば眠りに入りにくく、さらにこんな低体温の状態であれば、免疫力も弱い、疲れの多い身体で快眠や安眠は難しい。

ではどうすればいいの?対策

散歩や軽い体操

あまりハードな運動は、駄目で夏場は危険です。血行をよくするためには、下半身の強化がいい、軽い散歩や体操がよく、特にスクワットをゆっくりとすれば、血行が良くなり、体温が上がりやすいです。

ぬるま湯のお風呂にゆっくりと入ること

管理人の場合は、夏はどちらかといえば、半身浴で肩まで浸かるのは僅か、ぬるま湯のお風呂に冬より短い約10分から12分管理人の場合夏場は38度から39度(個人差あり)

ぬるま湯のお風呂に入ることで副交感神経の働きでゆったりでき、疲れをとり、体温を上げ、これを自然に入浴が終わり時間が経つことにより体温を下げる

起床術の深く眠る準備にあります

体温を下げる安眠グッズ

ぬるま湯のお風呂により副交感神経の働きでゆったりでき、疲れをとり、体温を上げ、これを自然に入浴が終わり時間が経つことにより体温を下げるのですが、夏の暑い熱帯夜では下がるどころかヒートアップです。そこで自然に身体の体温が下がらないならば、冷やすグッズや冷房機器を活用します

冷える枕を使用

体温を下げる安眠グッズとして冷える枕を使用する、これは、頭寒足熱で、出来ればタオルなどを引く、便利だが、直接は冷えすぎて痛いし、氷が解ければ、水浸しでは困る

問題は冷える枕は、最初はいいが時間が経てば冷えの持続はダメ、ただ寝るきっかけと脳の興奮を抑えるのがポイントで、個人、個人で合う合わないがあると思います。出来るだけご自分に合うものを求めたいですね

やわらか雪枕W

凍らない不凍層と長持ちする凍結層のW構造で、頭のカーブにフィット

エアコンと扇風機の活用

エアコンをお使いの場合は、扇風機やサーキュレーターなどで風向きを変えることで空気の循環になり集中した冷えすぎを防止できます。扇風機やサーキュレーターなどを活用すれば全体が涼しくなるうえに節電にもなると思います。

【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL ゼピール サーキュレーター ホワイト DKS-20W
【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL ゼピール サーキュレーター ホワイト DKS-20W
お部屋の空気をムラなく循環!冷暖房の効率をUP!1年中快適に省エネ・節約【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL ゼピール サーキュレーター ホワイト DKS-20W

ただ、それでもエアコンの場合朝方の冷えすぎが問題ですので、タイマーにして扇風機の風にするとかうすい腹巻かタオルケットなどをかけてお休みされるのがいいかと・・・

熱帯夜にぐっすり快眠する方法とはということですが、毎日これだけ暑いと大変です。まずは水分補給にエアコンや扇風機の活用で熱中症対策の上冷えすぎにも注意したいですね。

管理人の場合午前4時ですが、眠りは、5秒?2分ぐらいで眠れますが、夏場は、中途半端に目を覚ます時があります。暑さと蚊です。その場合は、もう一度寝ます。いい眠りを!

うたた寝仙人でした

コメント