小食で短眠を支える食事は、黄金の朝時間をあなたにプレゼント!

小食健康法
congerdesign / Pixabay

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

おはようございます。うたた寝仙人です。

さて、朝時間を活用したいとか早起きして勉強したり、散歩がしたいという方も最近は健康ブームや自己啓発などで多くみかけます

朝早く起きるには、早く寝ればいいのですが、管理人もはじめは、朝の4時や5時に起きていて、メインの瞑想や鍛錬や散歩などをやっていました。

しかしそれ以外に資産運用・投資をしたり、100歳まで仙人や忍者のような強靭な生き方ができる食事法を調べるなど増えました

本や漫画を読んだり、史跡やパワースポットを調べたりといろいろやりたいことが増えました

次第に朝4時起きが3時になり2時になったという感じです

こうなれば、朝というより深夜ですね。(笑)

この時間帯に起きるためには、夕方ぐらいに眠るということになりますが、現実的に一般の方には、無理でしょうし、となると短眠するしかないといことになります。

ただ、短眠が必要であるという方のみ短眠に挑戦してください。

短眠が不要な方は無理にしない方がいいかと思います。リスクがありますから

スポンサーリンク

短眠を支える小食健康法

では、短眠をするにはどうすればいいのかということになりますが、それには、安眠・快眠が前提になります。

安眠するためには、疲れない状態で眠るということです。

そのためには小食です。

このことは、なぜ石原式の一日一食法を短眠初心者の方にお勧めするのか?!の記事に一部書いていますが、小食健康法です。

ここで問題は、小食健康法でなにをどう食べればいいのかということになります。

今まで一日に三食食べていた方が急に一日一食にすれば、弊害がでやすく、継続できない場合があったり、一日一食にすれば空腹に耐えられない

一日一食の中身に問題がれば、体に不調が来たりしますし、何より精神的不安が大きくなります。

栄養失調にならないかとか心身に変調をきたさないかと心配になります。

この点が特に心配で問題でもあります。ストレスになれば駄目なんですね。

s-yasa1-a

前に石原式の一日一食法は、朝食を抜くというもので、その代わり生姜紅茶を飲む、もしくはにんじん・りんごのすりおろしジュースを飲んで夜は基本自由でなんでも好きなものを食べる・アルコールもOKです。

石原先生の少食・食べない健康法の本「食べない」健康法 (PHP文庫)が参考になりました

基本石原式の一日一食法ですが、あなたが肉体労働や激しいスポーツなどをされる方でしたら一日二食でもいいですし、朝昼食べて夜食べない一日二食でもOK!です。

大事なことは、食べ過ぎないことです

腹八分とよく言いますが最終的には、腹6分を目指してほしいと考えますので、一日三食でも一食あたりを腹6分ぐらいにできれば、腹6分の一日三食もありだと思います。

その辺は、各人が一番いい方法を試行錯誤して探すしかないと思います。

石原式の一日一食法は、夜は基本自由でなんでも好きなものを食べる・アルコールもOKですが、管理人の場合は、和食・玄米や雑穀を中心普通の食事です。

動画以下(動画がなくなっている場合はすみません)

石原博士の健康漫談 4/6

やはり食事の量が少なくなるので、できるだけ厳選したもので野菜なども可能場限り無農薬野菜がいいですし、土壌のしっかりした土地で自然なものがよく、農薬や放射能に汚染されていないもの、できれば自分で野菜つくりなんかがいいかと思います。

食が少ない分食べるものにより体や脳に影響を受けやすくなり、最近では、中国からのチキンの問題など食の安全・安心が大きく揺らいでいます。

困ったもんですね、国内でも産地偽装やアグリフーズの農薬混入事件に遺伝子組み換えなどで汚染されたものや体に悪いものを食べていれば時間が立つにつれ悪影響がでます。



ガンや心筋梗塞などで長く生きることができない可能性が高まりますので、そんな状況での短眠は大きな負担とリスクがあります。

食品添加物や保存料なども影響が少ないというものでも長期に蓄積すれば大きな問題になり病気のリスクが高くなるということ

確かに手間暇かけた食品は、少し割高になりますが、病気になるリスクや働けないことを考えれば、そう高いものではないと思います。

一日に三食が一食になれば単純に食費が少なくなるので、一つ一つの商品が少し割高になってもトータルでは、高くなく健康を考えれば割安ではないでしょうか

なぜ石原式の一日一食法を短眠初心者の方にお勧めするのか?!
うたた寝仙人です。初心者の方ができるだけ簡単に苦労や苦痛が少なく短眠ができるにはどうすればいいのか?これを考えるに一日一食ということになりました。最近一日一食が話題になります。タモリさんとか南雲吉則先生とかが有名ですね。しか...

黄金の朝時間をあなたにプレゼント!

厳選された質の高い少ない食事により健康になり短眠も実現しやすくなります。

短眠により時間を得て、朝早く起きて黄金の朝時間をあなたが活用すればいい生き方ができます。

管理人の場合は、どうなったか?

もともと平凡でたいした学歴や能力もない管理人ですが、朝コツコツ早起きや短眠をマスターして、年中風邪をひき、疲れやすいのが風邪とは無縁で健康診断も良好で疲れなしになったり、病気や疲れがない。

人前で話が出来ずが朝勉強や瞑想などの鍛錬をして、どんな相手でもゆとりの対応ができ、営業の責任者になったり、家のローンも60歳までを40半ばすぎに完済したり、朝を活用して月のアルバイト代に匹敵する以上にネットで稼いだりと大きくかわりました。

なにより、瞑想・気功及び鍛錬で精神的に肉体的に強くなったことが大きく、心のゆとりができたのが大きいです

平凡な中年男でも人並みに生きれる

さらにうたた寝仙人は、今下流老人や老後不安の世の中で例え80歳でも100歳になっても対応できる頭脳と精神と肉体的にも強い生き方を目指しています。

日々、楽しく鍛錬し、世に貢献する投資&資産運用をする生き方です

平凡な管理人以上のレベルのあなたならもっと素晴らしい生き方があると思います

朝時間を活用して勉強、英会話、座禅、ヨガ、散歩、読書、ダイエットなどあなたの興味あることにチャレンジ!

小食で短眠を支える食事は、黄金の朝時間をあなたにプレゼント!

うたた寝仙人でした


コメント