2014-09

スポンサーリンク
朝時間

貧困家族こそ早起きで人生逆転する術

おはようございます と言いましても今1時45分で、早朝ではなく深夜?どうでもいいですね 一日一食短眠法!うたた寝仙人の朝活実践記で管理人が主に提案したいことがあります。 それはこころ・意識の向上と心身及び頭脳の健康それに人のお役に...
小食健康法

老後を襲うぼっち、貧乏、ボケ対策は朝早起きから

日刊SPA!2014.07.24に大変興味深い記事がありましたのでご紹介します ぼっち、貧乏、ボケ…老後を襲う「3B」の恐怖という題ですが、記事より抜粋 老後への不安から、貯金に励んでいる読者は多いだろう。 だが、老後の幸・不幸を...
早起き

早起きと朝時間活用のイカリ消毒‐黒澤真次さん

朝早起く起きて、朝時間を活用して短眠でビジネスを成功されている黒澤真次さんをご紹介します。黒澤さんは、イカリ消毒の会長さんです。 朝時間活用-資格の黒澤真次さん 黒澤真次さんは、1940年生まれの74歳 現在(2014年) 夜は11時に就...
ヨガ

片岡鶴太郎氏の朝活はヨガ瞑想なり

早起きして老後貧にならない為に、心と身体は資本です ヨガや瞑想はそういう意味で大事です 今回は、片岡鶴太郎(カタオカツルタロウ)さん 鶴太郎と言えば俳優とかお笑いタレントなどを思い浮かべる方も少なくないと思う しかしそうではない。 歌手、...
小食健康法

早起きと短眠で長生きの二木謙三博士に学ぶこと

今回は、二木謙三博士の記事になります 早起きと短眠は、もう10年以上になります。早起きと短睡眠をやり健康になり、運が開けました。 将来老後貧乏にならないためには、お金を管理することやお金に関する知識が大事です しかしそれ以上に心や生活...
小食健康法

大豆レシチンの効果で日野原 先生は100歳越えの現役人生

小食健康法は、ほんとうに大丈夫なのか?効果はあるのか? 大豆レシチンの効果は、あるのか? 当ブログは、小食健康法で短眠・早起き・朝時間活用が実現さわやかな朝をエンジョイ実践記ということですが、小食や一日一食でほんとうに大丈夫なのか? ...
小食健康法

小食で短眠を支える食事は、黄金の朝時間をあなたにプレゼント!

おはようございます。うたた寝仙人です。 さて、朝時間を活用したいとか早起きして勉強したり、散歩がしたいという方も最近は健康ブームや自己啓発などで多くみかけます 朝早く起きるには、早く寝ればいいのですが、管理人もはじめは、朝の4時や5時に...
小食健康法

認知症予防は、小食と足腰強化から脱介護の生き方2とは

寝たきりの人は、全国で約120万人とも言われ(2000年)年々増え、2025年には約230万人にとも推定されています 認知症は、65歳以上の高齢者で約462万人(2012年時点)に上り、予備軍を含めれば、約860万人と推定され、65歳以上...
小食健康法

なぜ石原式の一日一食法を短眠初心者の方にお勧めするのか?!

初心者の方ができるだけ簡単に苦労や苦痛が少なく朝早く起きができるにはどうすればいいのか? さらに少しでも時間確保のために短眠と言うことになります 一日一食ということになりました。タモリさんとか南雲吉則先生とかが有名ですね。 しかし単に...
認知症

認知症予防は、小食と足腰強化から脱介護の生き方1とは

こんな記事が過去に日本経済新聞社からありました以下より抜粋 認知症、高齢者4人に1人 「予備軍」400万人含め 厚労省調査 2013/6/1 19:49 65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%で、2012年時点で約462万人に...
スポンサーリンク