安眠

スポンサーリンク
安眠

眠りのお助け隊!アロマで安眠ライフ!!

朝早くスッキリと起きて朝時間を活用したい 朝時間を活用する上で如何に自由な時間を少しでも多く作りたい そうすると密度の濃い熟睡が必要になります 管理人の場合、3時間の短眠になります 3時間後か3時間半後ぐらいに起きたいと考え、3時間...
光・あかり

視力回復トレニンーグ(ゆるく~)をしたらどうなったの!

先日健康診断がありました 体重も73.5Kg(身長181cm)で前年より約2Kg減り、血圧も77-111と安定で特に薬や病院とも無縁の生活状態です 特に大したことはしていませんが、朝早く起きてのヨガ体操に通勤で歩く(片道約20分を早く・...
厳選食材

生姜紅茶をアイスで飲む・夏編-プチ断食の効果

生姜紅茶で有名な石原結實先生は、病気は血液の汚れからで、冷えが原因と言われています。 体を温め、免疫力をUP!すれば健康になると石原結實先生はいわれます。 管理人も生姜紅茶を飲み始めて10年近くなり、その効果や良さは認識です が、しか...
安眠

熱中症対策-安眠と飲み物の工夫とは

毎日暑いです。今年は相当暑くなるみたいで熱中症対策が必須です 今回は熱中症対策-安眠と飲み物の工夫を書きます 熱中症対策で検索すれば、水、飲み物、食べ物などもよく検索されているようです。それだけ皆さん自衛されているようです 管理人は、...
音・音楽

安眠するための音と環境-短眠法

眠ることは大事なことでぐっすり安眠出来ればいいが、なかなか眠れないという方も少なくない いまでこそ管理人も3分あればだいたい眠ることができますが、過去になかなか眠れないと言うこともありました 時計の音や静寂のシーンとした音などが気になり...
うつぶせ寝

うつぶせ寝と枕選び

睡眠はその日の疲れをとり、明日に向かいリフレッシュするものです ですから如何にぐっすり眠って、翌朝スッキリ起きれるかが大事になります 寝る環境や布団枕などでも大きく変わると思います。もちろ短眠をする場合は、心身や脳のレベルアップが必要 ...
眠気対策

4時間睡眠は死亡リスク2倍?とうたた寝のお話

7時間の人が死亡率が最も低く、それより長くても、短くても死亡率が高くなるとか (日本人約11万人の睡眠時間―約10年間調査) また4時間睡眠は死亡リスク2倍になるなどいろいろ言われます。ごもっともだと思います 管理人のうたた寝仙人は、...
体温UP

冷え改善で免疫力を上げるために取り組んでいること

冬の朝ほど起きにくい時期はありません。 特に最近のように雪が降る一月や二月ごろは、寒くてなかなか布団から出れませんね。今現在管理人がこの記事を書いていますのが、1月26日の午前3時過ぎです 免疫力をUPしてから冬の早起きや短眠が出来てい...
朝時間

朝時間がない‐そんなお悩みは脳で解決!?

おはようございます!うたた寝仙人です。 早今年も11月です。 残すところ2ヶ月となりましたが、あなたにとっていい1年でしたか?残り2ヶ月頑張りたいもんです。 さて管理人は、夜の21時ごろ寝て、午前0時頃起き...
短眠

脳の疲れを解消できれば3時間睡眠でも大丈夫なお話

いよいよ9月に入りました。まだまだ暑いですが、少しづづ秋に近くなるこの頃ですが、読書の秋ではないですが、もう少し本を多く読みたい管理人のうたた寝仙人です。 しかし管理人の場合、読書や映画などもそうですが、楽しく・ワクワクした本や漫画などは...
安眠

寝つきを良くする環境づくり-枕を考えよう!

寝つきの速い人もいれば、寝つきの遅い方もおれれます。夜ぐっすりと眠れない、寝つきが悪く1時間もかかったとか眠りに関しては様々な悩みがあるかと思います。 管理人の場合は、過去に眠れないや寝つきが悪いなどを経験したことがあり、現在...
安眠

猛暑で眠れない!暑い夜の睡眠対策とは

今年は、熱い夏が続いていますが、体調の方はいかかでしょうか? うたた寝仙人です 脱水状態や熱中症対策で水分を補給することや冷房機器で身体を冷やすことが大事です。 この暑い夏なかなか寝れないという声を聴く今日この頃です。...
安眠

昼寝の効果が短時間睡眠を楽にするお話

昼寝の効果が短時間睡眠を楽にするお話 先日ヤフーのニュースを見てましたら、中学校で「昼寝」導入 集中力向上への記事が目に飛び込んで来ました。 記事は、兵庫県加古川市の加古川中学校で昼休みに仮眠を取る加古川シエスタが開始されたとのことで、...
光・あかり

ぐっすり眠り早起きを習慣にする方法とは

早起きを習慣にするには、どうすればいいのか なかなか早起きできないとか起きても二度寝してしまい後悔したという方も多いと思います。今回は、医学博士の梶村尚史先生の本を活用して早起きを習慣にする方法を考えたいと思います 梶村尚史先生とはどんな...
体温UP

乾燥生姜入りの天然ペプチドスープで防寒対策!

寒くなってきますと体が冷え、免疫力が低下してきますので、冬場は生姜紅茶を飲んだりしますが、どうしても小腹がすくことがあります。その場合食べ過ぎを防ぐために生姜スープを飲むと多少の空腹感を紛らわすことができます。 特に今年の1月のような大寒波...
体温UP

冬の早起きは、体温を上げるが一番なお話

冬場の早起きは日の出時間が遅く、外も暗い。その上寒いので朝起きるのが大変です。特に正月休みなどはリズムが壊れやすいので大変であると前回の記事に書きました。 朝の寒い中布団から出るのは大変でへたをすれば、二度寝になったりします。管理人の場合...
体温UP

あずきのチカラ首肩用の効果で安眠&朝活

寒くなると体に必要以上に力が入り肩が凝ったり、目が疲れたりしやすくなります。 特にぐっすり安眠するためには、肩や首の凝りや目の疲れが酷いと眠れませんので、肩の凝りをとることが大事になります。 ストレスや食習慣の乱れに生活リズムやバランスが...
安眠

ぐっすり眠り、すっきり起きる鍵は、ノンレム睡眠の周期にあり

ぐっすり眠れない、すっきり起きれないなどの声をよく聴きますが、その理由には、様々な原因があると思います。 心配ごとがあったり、過度のストレスであったり、また疲れがひどい場合もグッスリ眠ることが難しいと思います 不眠で苦しむ方も多く、...
お風呂

ガンの予防対策と早起き座禅のすすめ

北斗晶さんが乳がんを告白し手術されて、毎年検査を受けていたにもかかわらず発見できなかったガン 考えると医学にも限界があると思うし、川島なお美さんが実践した民間療法というのも?で今一度ガンについて考えさせられました。 がんについての考...
呼吸法

うつぶせ寝効果と短眠のコツ

うつぶせ寝をはじめて8ヶ月効果とコツについての記事を書いてから早1年が経ちました。 うつぶせ寝を開始してからもうすぐで約2年になりますが、うつぶせ寝効果と短眠のコツについて今思うことを書きたいと思います 管理人は、うつぶ...
スポンサーリンク