1日1食で力出る?プロ体操内村航平選手とは

一日一食
By: Tom Thai

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

先日節分で巻きずしを丸かじりせず、普通に食べた管理人でした。おはようございます。

さて先日テレビ東京で、天才アスリート 栄光の言葉 みらいのつくりかた新春SPにて、レスリング・吉田沙保里と体操・内村航平の対談を放送(2017.01.02)されていました。

その中で内村航平さんは、「1日1食しか食べないんですよ。基本、夜だけ」と衝撃の告白!をされたとか!

以前、なぜ内村航平の母・周子さんは、3時間睡眠なのかという記事を以前書きましたが、今回は、息子さんの内村航平選手の記事になります。

但し、体操のことではなく、日本の体操界のエース内村航平選手が、チョコレートが大好きで野菜嫌いな上、1日1食しか食べなくて、健康で立派な体を作り上げ、アスリートとして活躍しているのは何故かの記事です

管理人は、人に1日1食や小食を無理に勧めません。

安易な気持ちで1日1食や小食をしない方がいいと考えますのでご興味ない方には、申し訳ございません

スポンサーリンク

プロ体操・内村航平さん

プロ体操内村航平選手は、1989年1月3日福岡県北九州市生まれ 長崎県諫早市で育つ、現在28歳 (2017.05現在)

父母とも体操選手で両親の営むスポーツクラブ内村で幼少より体操を始められ、現在ロンドンオリンピック個人総合の金メダリストです。

オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場

個人総合2連覇を含む金メダル3、銀メダル4のメダルを獲得。世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む19個のメダルを獲得されています

スポンサーは、東証1部上場企業のリンガーハット

リンガーハットは、創業の地・長崎県出身の内村航平選手が日本初のプロ体操選手として、子どもたちに体操の楽しさ、素晴らしさを伝え、体操の普及を目指す姿に共感したとのこと

株式会社リンガーハット 長崎市に本店を持ち、長崎ちゃんぽん専門店リンガーハットなどを国内外に展開

内村航平オフィシャルウェブサイト

体操ニッポン!―ロンドンオリンピック体操日本代表応援ブック (日本文化出版ムック) amazon

3時間睡眠の毎日ー超人的内村航平の母・周子さん

では、内村航平さんよりも目立ちよく話題にあがる内村航平選手の母・内村周子さんについて少し書いてみます。

少なからずプロ体操内村航平選手に影響を与えたであろう方なので・・・

内村航平選手の母・内村周子さんは、長崎県の出身で中学2年生から体操をされ、九州学生体操競技選手権大会で見事優勝されたすごい方で、地元・諫早市で体操教室を営み、指導や講演などで大活躍中とのことです

朝6時の起床からノンストップで動き、夜中の3時まで。3時間睡眠で一日を全力で駆け抜ける毎日だという。

なぜ内村航平の母・周子さんは、3時間睡眠なのか

1日1食-内村航平選手

テレビ東京「天才アスリート 栄光の言葉 みらいのつくりかた新春SP」

レスリング・吉田沙保里と体操・内村航平の対談を放送(2017.01.02)の中で、内村航平さんは、「1日1食しか食べないんですよ。基本、夜だけ」と衝撃の告白!

驚いた吉田さんが「力出る?」と尋ねるも、「出ますよ」と答えた内村は「(練習は)朝やって、休んで午後やるんですけど、(間食も)しないです。コーヒー飲むくらいとの会話でした

内村航平の母・周子さんが、3時間睡眠で昼食も摂らないので、内村航平さんも食べずに1日1食で体を鍛えているのではないかと考えていましたが、やはりという感じです。2017.01.19

チョコレートが大好き-偏食は駄目??

日本の体操界のエース内村航平選手(24才)は、チョコレートが大好きで野菜嫌いで食べないそうです

しかし、健康で立派な体を作り上げ、アスリートとして活躍しているのは何故か

自分の好きな物だけ食べれば病気は治る・防げる(講談社刊)

の自分の好きな物だけ食べれば病気は治る・防げる (講談社+α新書)著者で医学博士の石原結實さん曰く

「色白で細身の内村選手は、元来の体質が“陰性体質”。自分の本能に従って体を冷やす野菜を避け、陽性にするチョコレートを好んで食べていたんです。それが体調管理につながり、競技に好影響を与えたのでしょう」

漢方では人の体質を、冷え性の“陰性体質”と、温かい体温の“陽性体質”に分けている。

これは生まれつきのもので、行動などによっても変化する。陰性体質の特徴は、冷え症で体力がなく低血圧。それに比べて陽性体質は、筋力があり暑がりで食欲旺盛。

さらに、それぞれに合う食品があるという。

陰性体質の人は、陽性食品である北方産の硬いもの、根野菜や塩辛いもの、肉類や赤身の魚を、陽性体質の人は陰性食品である、南方産のやわらかく水っぽいもの、すっぱいもの、葉菜類、ビールや牛乳などを摂るのが体質に合っている。

女性は基本的に、陰性体質だと考えればいい。

チョコ食べ野菜食べなかった内村航平が活躍の理由を医師解説

女性セブン2013年11月28日号より

日本の体操界のエース内村航平選手が1日1食でチョコレートが大好きで野菜嫌いと言えば眉をしかめたくなるかもしれません

しかしそれで内村航平選手が元気でプロ体操で活躍してたり、内村航平の母・周子さんが、3時間睡眠で昼食も摂らないで頑張っているのであればそれはそれでいいのではないでしょうか。

誰かに迷惑をかけたりでは、駄目ですが・・・

管理人はチョコレートが大好きで野菜も大好きで内村航平選手のような野菜嫌いではありませんが、同じ1日1食でも違います

下記の動画で石原医師が黒砂糖やチョコレートの効能と空腹について語られておられます。

ご参考までに

特にチョコレートは、貴重なものでインカ帝国を支えた貴重なもの

埼玉医科大学救命救急センターではチョコレートやココアの研究活用をされているほで凄いものです

空腹力が人類を救う

人工甘味料は危険?朝早起きに黒糖の効果あり 参考までに

日本の体操界のエース内村航平選手が、チョコレートが大好きで野菜嫌いな上、1日1食しか食べなくて、健康で立派な体を作り上げ、アスリートとして活躍しているのは何故か

それは自分の好きな物だけ食べれば病気は治る・防げるというより、体の声を聞くことでしょうか

医学博士の石原結實さんが言う

漢方では人の体質を、冷え性の“陰性体質”と、温かい体温の“陽性体質”に分けている考えは大事で、これと併せて食べ過ぎないことも大事かと考えます

内村航平選手の場合は、チョコレートや1日1食がご自分に合っていたということ、そして1日1食でも力が出ますよと答えた内村航平選手の言葉が全てだと思います

ただ管理人は、人に1日1食や小食を無理に勧めません。

合う合わないもあり、安易な気持ちで1日1食や小食をしない方がいいと考えますので、必要な方が自己責任でやるのがベストだと思います

ちなみに医学博士の石原結實さんは、学生時代ベンチプレス1 0 0㎏、スクワット1 5 0㎏ くらい記録で九州学生パワーリフティング大会の軽量級で優勝された方です。凄いす!

プロ体操内村航平選手の今後のご活躍に期待したいと思います。ではまた

うたた寝仙人でした

コメント

  1. 1日1食 より:

    実際に夕食の1日1食ができる世の中にしてください。弾圧妨害を受けない世の中に。

  2. utatane より:

    コメントありがとうございます

    食べ過ぎることの害から1日1食が良いと考えますので、それをコツコツとお伝えしたいと思います
    ただ個人個人の活動量も違い、考え方も違いますので1日2食でもいいかと思います。
    すべて1日3食が正しいとか小食が駄目とかは決めつけず、本人が実践して納得することを尊重する世にしたいものですね

    感謝!
    ありがとうございました
    うたた寝仙人でした