ブライトライトME+の光療法と早起き効果

ブライトライトME+の光療法と早起き効果

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

as-ga356

うたた寝仙人です。
おはようございます。台風19号が近づいています。今、九州で明日関西、東海で無事をお祈りします。

朝早く起きれないとかスッキリ目覚められなと言う声をよく聞きます。特に今の季節、冬場になると朝、日の出時刻が遅く早起きが難しくなりますね。

また、ストレスや仕事や家事などで身も心もくたくたな状態では、安眠、さわやかな目覚め期待出来ません

ブライトライトME+

そんなお悩みの方に、ブライトライトME+です。ブライトライトME+とは何?

原理的には、朝タイマーにより光療法ができる時計で、規則正しい時間に起きて光を浴びることで、体内リズムを 整えて、睡眠に必要なメラトニンをコントロールする事で目覚めをよくするもので、簡単には光で元気にスッキリ起きる目覚ましです。

ブライトライトME+

光療法(ひかりりょうほう)とは、一部の睡眠障害やうつ病に有効とされる治療法の一種である。また、生体リズムを整える効果があるとして、健康法の一種としても用いられることがある。

高照度の光を浴びる治療法を高照度光照射療法(こうしょうどひかりしょうしゃりょうほう)と呼ぶ場合もある――― Wikipediaより

何故記事にしたかと言いますと先日9月に当ブログよりブライトライトME+が1つアマゾンにてお買い上げ頂いたのでブライトライトME+についての管理人の考えをまとめました。

また、当ブログは1人でも多くの方に、朝を活用して素晴らしい生き方を目指してほしいので、早起きや短眠に関する体験や情報を書いています

貧困家族こそ早起きで人生逆転する術 ご参考までに

ただ、管理人の文書が下手でブログも読みずらく、お伝えしたいことが山ほどあってもほとんどお伝えできていない状況でブライトライトME+をお買い上げ頂き、誠にありがとうございました。

ブライトライトME+は、簡単には光で元気にスッキリ起きる目覚ましですといいましたが、世のなか不眠症やすっきり起きれない方が多い

ではなぜ目覚めがすっきりしないのかは、安眠できないからです。つまり睡眠の質が悪いためです。このへんのことは、「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫) を読んでで見てください。医学博士の梶村先生の本で、値段の割に解りやすい本です。

「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫)

睡眠は、昨日9時間寝たから大丈夫で3時間だからダメではなく、3時間の睡眠でも睡眠の質が良ければ大丈夫です。

ではなぜ睡眠の質が悪いのか?

それには、3つの原因があります。まずあなたが疲れているからで、特に目の疲労及び脳の疲れに肩こり・体の疲れや内臓の疲れがひどい場合に睡眠の質が悪くなります。これには、肩こりだけの時とか全ての要因が重なる時などいろいろなケースがある。

次に睡眠の質が悪いのは、疲れ以外に精神的こころのバランスがおかしい場合にも睡眠の質が悪く、朝早く起きることが大変になります。もう1つの原因はホルモンバランス特に睡眠ホルモン ・ メラトニンの分泌がおかしいということが考えられますね。

特に今回のブライトライトME+の記事は、睡眠ホルモン ・メラトニンがポイントになりますね。

睡眠ホルモンメラトニンのバランス異常

メラトニンには脈拍、体温、血圧を低下させることによって 睡眠と覚醒のリズムを上手に調整し、自然な眠りを誘う作用があります。 時差ぼけ防止にも効果があり、実際に時差ぼけ予防の薬として製品化されています。

メラトニンには、太陽の光がに目に入ってから約14時間から15時間前後経たないと分泌されないという性質があり、脳の松果体で光を感知して光の量をもとにメラトニン分泌量を決めますが 、光の量が少ないと 松果体はメラトニンを分泌します。

明るい昼間にはほとんど分泌されず、夜暗くなってくると分泌量が増えてきます。午前2時頃に分泌量がピークに達し、不規則 な生活や夜更かしなど昼・夜問わず常に明るいところにいると、メラ トニンの分泌量が全体的に減少してしまいます。

ですから寝る前は、部屋の照明を暗くしてください。管理人は、ほぼ暗闇のなかで寝ています^^ が、最大でも豆電球1個分の暗さが必要だと思います。

特に注意してほしいのが眠る前にテレビやパソコン・スマホなどの人工的な光見すぎないようにすれば、メラトニンの分泌がよりスムーズ行われますが、パソコン・スマホなどを見すぎれば安眠できません。

001180s_mini

安眠できない原因のひとつが睡眠ホルモンメラトニンのバランス異常ということになり、要は日中に光を見る。ただし直接太陽をみれないので間接的という意味で、家の中でも光を取り込めればいいです。

そして光がに目に入ってから約15時間前後経たないと分泌しないなので、夜22時に眠るとして逆算すれば光を取り込むが朝7時ごろでしょうか?朝7時ごろに光を取り込めば、夜22時に眠る時に暗くしておけば睡眠ホルモンメラトニンの分泌がよくなり、眠りやすくなるということです

その状態で安眠すれば、メラトニンは、午前2時頃に分泌量がピークに達し、夜明けとともにメラトニンの分泌量が全体的に減少しすることで脈拍、体温、血圧を上昇させることによって 覚醒のリズムへとなります。

ただし、睡眠の質が悪い原因が、他の目の疲労及び脳の疲れに肩こり・体の疲れや内臓の疲れがひどい場合は、安眠できない、すっきり目覚めないことになります。特に冬場は、日の出が遅く暗いので、目覚めにくいです。

睡眠の質が悪い原因がホルモンバランス特に睡眠ホルモン ・ メラトニンの分泌にある場合は、ブライトライトME+は、原理的には、朝タイマーにより光療法ができる時計で、規則正しい時間に起きて光を浴びることで、体内リズムを 整えて、睡眠に必要なメラトニンをコントロールする事で目覚めをよくするもので、簡単には光で元気にスッキリ起きる目覚ましなので、理論的には、正しいと思います。

s-nemuri029946

あと口コミやカスタマーレビューがどうかで良さそうです。ただ、睡眠の質が悪い原因がメラトニンの分泌以外にある方、肩こりがひどい、潜在意識の問題、枕が合わないなど他の原因を重く持つ方が使用された場合は、効果にばらつきがでる。合う・合わないがあるということですね。

ブライトライトME+は、一部の睡眠障害やうつ病に有効とされる治療法の一種である光療法なので、OKIRO(オキロー) 光で起きてスッキリ目覚めより有効ではないかと思いますが、睡眠障害やうつ病の重度の方は医師と相談された方がいいかと思います

ブライトライトME+

・朝目覚めにくい
・気分がすぐれない、軽度のうつ病
・安眠できない

こんな方にいいのではと思います。あと、「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫) を読まれたり、なぜ眠れないのか!眠る方法はあるのか!!などをご覧になったうえでブライトライトME+を活用されればと思います

ただ、個人差や各人の体調など様々なのでブライトライトME+が合う・合わないがあるかと思いますが、試さないことには、現状の朝起きれない、つらいなどの苦しみや悩みは解決できません。もしこれで解決できたらお安いものです。お役に立てれば幸いです

うたた寝仙人でした

商品の説明
注記: ブライトライトMEはME+にバージョンアップされましたので、ME+をお届けします。
[1]ブライトライト専門店だけの無料『お役立ち特典3点セット』を提供。 [2]ブライトライトMEの特長: 光療法を実施するための必要十分な性能。高性能・多機能化・低下価格化を同時に実現。

免責
Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする